子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーに悩む方々の間で評判の乳酸菌サプリメント » アトピーを改善へと導く乳酸菌サプリの選び方 » アトピー向け乳酸菌サプリに副作用ってあるの?

アトピー向け乳酸菌サプリに副作用ってあるの?

ここでは、乳酸菌サプリを摂取することによる副作用やリスクがあるのかどうかをまとめています。また、乳酸菌サプリの中に含まれている成分でアレルギーを引き起こす可能性についても紹介します。

乳酸菌サプリに副作用はある?

副作用はあるの?

副作用とは、薬を使用して生じた好ましくない症状の中で、薬との因果関係を否定できないもののこと。乳酸菌は腸内に留めることが難しいので、過剰摂取しても短期間のうちに便として排出されます。このことから、乳酸菌を過剰摂取しても副作用が出る心配はありません。しかし、体質によっては下痢やお腹がゆるくなるなど、お腹の調子が悪くなることもありますので、不安な方は気を付けたほうが良いでしょう。

食物アレルギーを持っている人は要注意!

乳酸菌自体にアレルギー反応が出る人もいます。そういう人は、乳酸菌を摂取するのは避けたほうが良いでしょう。また、乳酸菌の由来となっている食物やその乳酸菌が含まれる食品にアレルギーがある場合にも注意しなければいけません。例えば、乳製品のアレルギーがある人はヨーグルトに含まれた乳酸菌や、動物の乳に含まれている乳酸菌をもとに作られたサプリを摂取するとアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。他にも、大豆アレルギーの人が味噌や納豆などの大豆由来の乳酸菌サプリを摂取するとアレルギー反応を起こしてしまうかもしれません。アレルギーがないかどうか確認してからサプリを摂取するようにしましょう。

乳酸菌以外の成分にも気を付けよう

いくら乳酸菌に副作用がなくてもむやみやたらに摂取するのはおすすめできません。商品にもよりますが食品の場合、ヨーグルトやヨーグルト飲料には糖分が多めに含まれています。乳酸菌サプリの場合、乳酸菌以外にもビタミンやハーブなどの成分が含まれていることがあります。乳酸菌以外の成分を過剰摂取すると身体に悪影響を及ぼす可能性も。健康のためにも食品や乳酸菌サプリは1日の摂取目安量を守りましょう。

乳酸菌サプリと乳製品に違いはある?

乳酸菌が身体に害を与えることはほとんどありませんが、ヨーグルトやチーズなどの乳製品は人によっては注意しなければいけません。乳酸菌に問題がなくても乳製品に問題がある場合があります。したがって、乳酸菌を乳製品で摂取したい人は、自分が乳製品にアレルギーがないかどうかしっかり確認してください。

また、アレルギーがなくても下痢になる人もいます。乳製品アレルギーを持たず、お腹の調子が悪くなる人は、ヨーグルトがダメだった場合、豆乳ヨーグルトを摂取してみると良いかもしれません。ぜひ検討してみてください。

気を付けるべき成分

乳酸菌サプリには乳酸菌以外にもさまざまな成分が含まれています。何らかのアレルギーを持っている方は、原材料にアレルギー物質となっている成分が入っていないか気を付ける必要があります。乳製品アレルギーの人は乳。大豆アレルギーの人は、乳酸菌を育てる際に大豆由来の苗床を使っているかどうか、味噌や納豆などの大豆由来の乳酸菌が使われているかどうかきちんとチェックしましょう。

サプリメントにはオリゴ糖という成分が含まれていることが多いですが、これを摂取しすぎるとお腹がゆるくなってしまうことがあります。サプリメントを飲んだ後に自分の身体の状態に良い効果があらわれなければ、製品を替えたほうが良いかもしれません。お腹がゆるくなってしまうのなら、サプリメントが自分に合ってない可能性があります。成分に気を付けて自分に合ったサプリメントを選びましょう。

乳酸菌サプリで気を付けるべきアレルギー症状

アレルギーの人は体内に入った乳製品を、体がアレルギーの原因物質となっているアレルゲンとみなしてヒスタミンなどの炎症物質を発生させます。この炎症物質がじんましんを発生させたり、くちびるが腫れたり、喘息や呼吸困難などを引き起こしてしまうことも。場合によってはアナフィラキシーショックという血圧が低下したり、意識がなくなったりするような命にかかわるアレルギー反応が起こることもありますので、アレルギーを持っているかどうか十分に注意してください。アレルギー反応が出た場合は最寄りの医療機関を受診して、適切な処置と治療を受けましょう。

参考サイト・文献

子供にも安全な乳酸菌サプリの口コミと評判を徹底調査!