子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーに悩む方々の間で評判の乳酸菌サプリメント » 生命の乳酸菌7選

生命の乳酸菌7選

日本人に適した乳酸菌を7種も配合している生命の乳酸菌7選。ここでは、特徴や成分、口コミをまとめています。

生命の乳酸菌HP画像

引用元:生命の乳酸菌公式サイト(https://organic-label.jp/items/inochi)

生命の乳酸菌7選の特徴

乳酸菌を効率良く腸まで届けてくれる生命の乳酸菌7選の特徴を紹介します。

専門家も認める日本人に最適なサプリメント

欧米人と比べて腸が長い日本人には、必要な乳酸菌も多くなります。健康のために欠かせない乳酸菌を腸までしっかり届けてくれる生命の乳酸菌7選。熱に強い乳酸菌や特許製法カプセルを採用することで、腸へ乳酸菌を届ける工夫がされています。

熱に強い乳酸菌を配合

ラクリス菌やK-1乳酸菌などの熱に強い乳酸菌を配合しています。また日本人と相性の良い乳酸菌が配合されているため、整腸効果や肌質改善に効果が期待できるでしょう。

特許製法カプセルを採用

乳酸菌を腸に届けるための特許製法カプセル。従来のカプセルは20分程度で溶けますが、このカプセルは2時間以上も溶けないことが確認されています。それにより乳酸菌を直接腸へ届けられるのです。

1粒に346億の乳酸菌を凝縮

乳等省令による基準値1mlあたり1000万個以上を満たした346億の乳酸菌を配合。1日1粒で十分な量を摂取できます。

ココナッツオイルを配合

ハリウッドセレブやスーパーモデルが好んで愛用しているココナッツオイルを配合。最高グレードのエキストラヴァージンココナッツオイルだけを採用しています。抗酸化作用があるため、肌質を改善してくれるとして人気です。

脂肪や糖質が少なく飲みやすい

生命の乳酸菌7選は、白血球の力を弱めてしまう「糖質」が少なく、脂肪も少ないので気になる人にはぴったりのサプリメントです。
ただし、脂肪や糖質はゼロというわけではなく、ココナッツオイルが入っていますが、1日の目安量(1粒)あたり、0.23g程とほとんど気にならない量しか含まれていません。

生命の乳酸菌7選に含まれる成分

熱に強いラクリス菌やナノ乳酸菌、K-1乳酸菌など7種の乳酸菌が配合されている生命の乳酸菌7選。日本人の体質に合わせた乳酸菌を配合しているので、腸にたどり着きやすくなっています。日本人専用の乳酸菌サプリメントだと言っても過言ではないでしょう。含まれている乳酸菌は以下になります。

ラクリス菌

熱に強く加熱処理しても生存する有胞子性乳酸菌

ナノ乳酸菌

粒子が直径1ミクロン以下の乳酸菌

K1乳酸菌

米から分離した乳酸菌で熱に強く、日本人の食生活に合っている乳酸菌

キムチ乳酸菌

熱に強いキムチ由来の乳酸菌

耐熱性ラブレ菌

京都の漬物「すぐき漬け」から見つかった食物性由来の乳酸菌

耐熱性ビフィズス菌

最先端の技術により耐熱加工処理を施したビフィズス菌

EC-12乳酸菌

人間の腸管より分離したエンテロコッカスフェカリスを最新技術により耐熱処理加工した乳酸菌

他には、抗酸化作用のあるココナッツオイルや糖脂肪の吸収を抑える難消化性デキストリンも含まれています。下記で主要な成分をピックアップして載せているので、参考にしてみてください。

生命の乳酸菌7選に含まれる乳酸菌

ラクリス菌

有胞子性乳酸菌に分類されるラクリス菌。一般的な乳酸菌が熱や酸素に弱いため腸まで届きにくいのに対し、有胞子性乳酸菌は胞子を作り出すため安定性が高いという特徴があります。さらに乳酸生成にも優れており、腸を酸性にしてくれるので、悪玉菌が増えにくい環境を整えてくれるそうです。

ナノ乳酸菌

粒子の直径が1ミクロン未満の微粒子のナノ乳酸菌。乳酸菌の粒子レベルまで小さくすることで腸から体内に取り込まれやすくしているのが特徴です。体内に取り込まれた乳酸菌は、免疫細胞を活性化させ細胞間の伝達物質を作り出して免疫力を高めてくれます。

K-1乳酸菌

米から分離されて生成されるK-1乳酸菌(植物性乳酸菌K-1)。腸内環境を整えることや肌状態を向上させる効果が期待できます。乾燥肌の方54名に「K-1乳酸菌」100mg(1000億個)を冬季に6週間摂ってもらったところ、経表皮水分蒸散量(皮膚バリア機能)の増加を抑制する効果があったようです。

その他特徴的な成分について

ココナッツオイル

ココヤシから抽出されたオイルです。ココナッツオイルの効果としてダイエットやボケ防止改善などがあるようです。主成分は中鎖脂肪酸で身体に蓄積されず、すぐにエネルギーに変換されるという特性があります。また抗酸化作用があるラウリン酸も含まれているため、美容にも効果が期待できるでしょう。

難消化性デキストリン

消化しにくいデキストリン(炭水化物の総称)が難消化性デキストリンです。水溶性の食物繊維の一種である天然のでんぷんから生成されているので、安全性も高いといえます。現に日本の消費者庁やアメリカの食品医薬品局にも安全性の高い成分と認定されているとのこと。

摂取することにより糖や脂肪の吸収を抑える効果が期待できます。

ゼラチン

ゼラチンは、動物の皮や骨から抽出した成分を生成することでできる物質です。ゼラチンはタンパク質の一種で、主に料理やスイーツを作る際にで使用されることが多いですが、口に入れても害のない成分なので、サプリメントなどにも使用されています。生命の乳酸菌7選では、ソフトカプセルの成分の1つとして使用されています。[注1]

グリセリン

グリセリンとは、天然の油脂類から作られる成分のひとつです。色は無色ですが、甘みがあってやや粘り気がある特徴があります。グリセリンは保湿効果が高いので、化粧品などにも使用されています。美容に気を使っている人やお肌の調子を整えたい人にはおすすめの成分です。[注2]

ミツロウ

ミツロウとは、ミツバチが巣を作る際に使用するロウです。ミツバチの巣からハチミツを取り出し、残ったものに熱や圧力を加えることで作ることが出来ます。ミツロウは保湿力が高いという特徴があり、人の肌になじみやすいというメリットがあります。
化粧品にも使われている成分なので、美肌を目指したい人におすすめの成分です。[注3]

グリセリン脂肪酸エステル

グリセリン脂肪酸エステルは食品添加物の1つで、主に防腐剤として使用されている成分です。食品添加物というと良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、グリセリン脂肪酸エステルは「酒精」などにも含まれていたり、市販のパンやバター、チョコレートなどにも含まれているなど、幅広い食品にも使用されている比較的安全な成分です。[注4]

乳酸菌「ラクリス菌」の研究内容、研究サイトを紹介

「ラクリス菌」は、1949年に山梨大学の中山大樹博士は緑麦芽よりラクリス菌を分離しました。ラクリス菌は「胞子」を形成し、過酷な環境でも生き抜く形態であることが分かっています。
そしてそれだけでなく、乳酸の生成能力が高い点や人間の体の中で「活発な栄養細胞」として増殖することも分かっています。

参考サイト・参考文献

乳酸菌「ナノ乳酸菌」の研究内容、研究サイトを紹介

「ナノ型乳酸菌」は、直径が1ミクロン未満の微粒子で、水に溶かすと微粒子1つ1つがバラバラになるよう手が加えられています。
ナノ型乳酸菌は、他の乳酸菌に比べて小さいため体の中に取り込まれやすく、さらに小さいことで大量に摂取しやすいという利点があります。また、免疫細胞を活性化させる作用が認められています。

参考サイト・参考文献

乳酸菌「K1乳酸菌」の研究内容、研究サイトを紹介

「K-1乳酸菌」は、お米由来の植物性乳酸菌です。長年の研究成果により、K-1乳酸菌に屋便通改善効果や発がん性物質を除去する作用が認められました。腸内環境を整えることで、免疫アップの効果が期待できますので、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の緩和する作用も期待されています。

参考サイト・参考文献

「キムチ乳酸菌」の研究内容、研究サイトを紹介

キムチの発酵に欠かせない「キムチ乳酸菌」は植物性乳酸菌で、作るキムチの種類によって異なります。材料や発酵を促す乳酸菌が異なることで風味が異なることが分かっています。それぞれのキムチ乳酸菌については研究が進められていますが、便通改善と言った整腸作用などが認められています。

参考サイト・参考文献

乳酸菌「耐熱性ラブレ菌」の研究内容、研究サイトを紹介

熱に耐性を持つ「耐熱性ラブレ菌」は、京都の伝統的な漬物である「すぐき」から発見された植物性乳酸菌です。そしてこの耐熱性乳酸菌は熱に強いだけでなく、胃酸や消化液にも強く、栄養の少ない過酷な環境でも増殖できるため、生きたまま腸へ届き、腸へ良い影響を与えます。 例えば悪玉菌を減らして善玉菌を増やしたり、免疫作用を火星化させるといった効果が認められています。

参考サイト・参考文献

乳酸菌「耐熱性ビフィズス菌」の研究内容、研究サイトを紹介

善玉菌の代表格である「ビフィズス菌」は、殺菌作用や腸内環境を整える作用が認められています。また、O-157などの強い毒素を出す大腸菌からも体を守る効果があります。さらに免疫力をアップさせ、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状を緩和する作用も研究によって明らかになっています。

参考サイト・参考文献

乳酸菌「EC-12」の研究内容、研究サイトを紹介

乳酸菌「EC-12」は、ベビー用品のコンビによって研究が進められている乳酸菌です。そして研究により「EC-12株」は、菌種や株を問わずに免疫機能へ作用する事が認められました。 その作用は他の乳酸菌に比べて強いことも分かっています。 そして腸内環境の改善や花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状を緩和させることがデータからも明らかになっています。

参考サイト・参考文献

生命の乳酸菌7選は子供でも飲めるの?

生命の乳酸菌7選は食品なので、子供でも服用可能です。しかし、ソフトカプセルなので、しっかり飲み込める年齢になってから服用することをおすすめします。いつでも飲めるサプリメントなので、朝食後や夕食後など、決まった時間に飲むことで習慣化しやすく、続けやすいでしょう。更に1日一粒でOKなので、子供でも飲みやすいと言えるでしょう。

生命の乳酸菌7選の副作用注意事項

乳酸菌に副作用は認められていません。食品から作られた生命の乳酸菌7選も同様で副作用はないといえるでしょう。ただし、注意点として過剰に摂取すると腸内環境が崩れてしまい、下痢や腹痛の症状が出てしまうこともあるようです。

乳酸菌が約346億個も含まれているため、1日1粒の摂取で十分。決められた量を守って服用してくださいね。

生命の乳酸菌7選の飲み方

特に決まった飲み方はありません。食品に位置づけされているサプリメントなので、都合のいいタイミングで飲むと良いでしょう。たとえば、食後に飲むという習慣づけをすれば、飲み忘れを防げるかもしれません。1日1粒を目安として水で飲んでください。開封後はチャックを閉めて保存します。

アトピーへの効果が期待される乳酸菌サプリを紹介>>

生命の乳酸菌7選の口コミ評判

「娘と一緒に飲んでいます。肌トラブルに悩まされていた娘ですが、サプリが飲みやすいようで、嫌がることなく毎日飲んでくれています。」

「昔から便秘に悩まされていましたが、生命の乳酸菌7選を飲むようになってから、毎朝すっきりしています。便通が良くなることで腸内環境が改善されたようで、体重が減ったり肌の調子が良くなったりいいことづくめです。」

「乳酸菌系のサプリは、飲み続けないと効果が出ないものが多いですが、生命の乳酸菌7選は飲んだ翌日に効果を実感できました。「日本人の体に合っているサプリ」ということがよくわかりました。肌の調子も良くなってきたのでこれからも飲み続けたいです。」

生命の乳酸菌7選の価格について

単品価格は3,300円(税込)で、さらに送料が630円かかります。定期便のトクトクコースを選択すれば、初回購入価格が無料(送料500円のみ負担)に。単品に比べて初回価格が2,800円程度お得になります。

また2回目以降は送料無料のうえに、10%OFFの価格で購入可能。4回以上継続して購入することが条件になりますが、5回目以降は7日前に連絡することで、解約や休止もできます。継続して乳酸菌を摂りたいなら、定期便を利用するといいでしょう。

生命の乳酸菌7選の商品概要

内容量 30粒/1袋※1日1粒目安
原材料名 ココナッツオイル、有胞子性乳酸菌、難消化性デキストリン、乳酸菌(殺菌)、植物性乳酸菌(殺菌)、ビフィズス菌(殺菌)/ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、安定剤(ペクチン)、(一部に乳成分ゼラチンを含む)
価格 単品コース:1袋3,300円、3袋8,430円、6袋15,840円
定期コース(10%OFF):1袋2,970円、3袋7,587円、6袋14,256円

アトピーへの効果が期待される乳酸菌サプリメントを紹介

このページを作るのに参考にした文献

[注1]ゼラチンって何?

[注2]グリセリンの種類・成分効果や毒性を解説

[注3]ミツロウ(蜜蝋)とは?

[注4]グリセリン脂肪酸エステルとは

子供にも安全な乳酸菌サプリの口コミと評判を徹底調査!