子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーに悩む方々の間で評判の乳酸菌サプリメント » 妊娠中の方も安心のアトピー乳酸菌サプリ

妊娠中の方も安心のアトピー乳酸菌サプリ

ここでは、乳酸菌が妊婦さんにおすすめの理由についてまとめました。アトピー予防や赤ちゃんへの働きに関する研究発表や摂取のメリットも解説。乳酸菌が持つ効果や実証されている研究内容についても紹介します。

アトピーは赤ちゃんに遺伝するの?

アトピーが遺伝した場合の発症確率

アトピーは赤ちゃんに必ず遺伝するわけではありません。しかし、両親ともにアトピーにかかったことがあれば75%、両親のどちらかがアトピーにかかったことがあると56%の確率で遺伝する傾向にあります。

家族にアトピー発症者がいない場合でも、21%の確率で子供が発症する可能性があると報告されているのがアトピーの特徴です。逆に言えば、両親がアトピーにかかっていても25%の割合でアトピーが発症しないといえます。(出典:厚生労働省「アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2005」)

遺伝したアトピーの場合、親と原因は同じもの?

遺伝で発症したアトピーは、親の原因と100%同じ原因で引き起こされたとは言えません。アトピーが発症する原因は、個人のアトピー体質に加えてさまざまな要因・環境が複雑に絡み合って発症するためです。

親と「体質が似る」という点では、アトピーを発症、または悪化させる原因も似てくる可能性は考えられます。しかし、遺伝によって発症したアトピーが、親と同じ環境・要因で発症するという科学的な根拠は見つかっていません。

妊娠中のアトピー予防には乳酸菌が最適?

世界的に注目されているプロバイオティクスの力

妊娠中の赤ちゃんのアトピー予防対策として世界的に注目されているのが、プロバイオティクスの摂取です。プロバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌などの体に良い作用をもたらす生きた微生物を指します。

2001年にフィンランドのTurku大学に所属するKalliomaki博士の研究結果によると、妊婦さんと生後6ヶ月までの乳児に乳酸菌を摂らせたところ、アトピーの発症率が約半分になったというものです。

プロパイオティクスの効果について解説

日本皮膚科学会が作成した2016年度版「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」によると、プロパイオティクスの摂取時期については、出産後だけでなく妊娠中や出産後の乳児にも与えるほうがアトピーの改善効果が高い傾向にあると述べています。

より効果のある菌種や組み合わせなどはまだ研究段階とのことですが、妊娠中から腸内環境を整えるためには乳酸菌を摂取すると良さそうです。

妊娠中の乳酸菌の摂り方

日々の生活で積極的に乳酸菌の多い食品を摂るといいでしょう。乳酸菌は、プレーンヨーグルトやナチュラルチーズなどの乳製品、無添加の味噌や醤油、納豆などに多く含まれています。乳酸菌は体に溜めこめる物質ではないので、一時的に大量に摂るのではなく習慣化して毎日摂り続けることが理想です。

毎日の食事での摂取が大変だという方には、乳酸菌サプリがおすすめ。妊娠中は、つわりが原因で食事が取れなくなる場合があるためです。

ヨーグルトだと乳酸菌だけでなく、たんぱく質や脂質、炭水化物や塩分を一緒に摂ってしまう可能性もあります。乳酸菌サプリなら乳酸菌だけを摂ることができ、不要な栄養を過剰摂取する心配がありません。

乳酸菌サプリの摂取はお母さんだけでなく赤ちゃんのためにもなる

栄養の吸収率がアップする

乳酸菌によって腸内環境を整えて便秘を改善すると、栄養の吸収率が上がり、お腹の赤ちゃんに大きなメリットをもたらします。

便秘がちのお母さんの腸内は、腸の働きが弱まって老廃物が溜まりやすい状態です。いくら栄養のある食べ物を摂取したところで、消化や分解といった腸の働きが鈍くなります。

乳酸菌サプリを摂って腸内環境を整えることで消化や分解がきちんとできるようになり、必要な栄養をしっかり吸収できるように。赤ちゃんも、お母さんが摂取した栄養をもとにすくすくと育つことができるでしょう。

赤ちゃんの腸内細菌の組成に役立つ

赤ちゃんは子宮内では無菌の状態です。生まれたときに外部の菌にさらされて、その菌が腸内に棲みつくと考えられています。帝王切開の場合を除き、赤ちゃんは母親の産道から最初の菌を取り込むもの。出生後の最初の便は無菌ですが、翌日には便の中にさまざまな細菌が認められるそうです。

腸内細菌の仕組みは一人ひとりで大きく異なっていて、それで個人が識別できるといわれています。しかし、唯一母親とは腸内細菌の仕組みが類似しているのだとか。

つまり、腸内細菌は母親から赤ちゃんに初めて与えられる能力といえます。しっかり与えるためにも、乳酸菌で腸内環境を整えておくことが大切です。

妊婦さんが乳酸菌を摂取すると得られるメリット

メリットの1つめが便秘の解消です。妊娠中にはホルモンバランスが乱れて便の水分量が低下しやすいため、排便回数が減る可能性があります。乳酸菌を効率よく摂ると、便秘薬や下剤に頼らずに腸を整えられます。

2つめが免疫力を高められることです。乳酸菌には風邪や感染症の予防への効果が研究結果で認められています。妊娠中は体調を崩した場合に薬を服用するのが難しいので、手軽にできる自己管理として日常的に乳酸菌サプリを摂取するといいでしょう。

メリットの3つめが、生まれてくる赤ちゃんのアトピーやアレルギー予防ができることです。妊娠中に母体の状況を良好にする乳酸菌サプリを摂ることで、生まれてくる赤ちゃんに良い影響を与え、病原菌から守ってくれるとされています。

妊婦さん向け乳酸菌サプリの選び方

妊婦さんの乳酸菌サプリの選び方のポイントは以下の通りです。

研究の信頼性が高い乳酸菌サプリを選ぶ

特許を取得したものや高い信頼性を持つもの、機能性表示食品として売られていているものを見つけることが大切です。

アレルギーの心配がいらない乳酸菌サプリを探す

乳酸菌サプリには全成分が表示されており、どんなアレルギー物質が含まれているかが一目で分かります。配合されているアレルギー物質に多いのが、ゼラチンや大豆、乳などです。

飲みやすい乳酸菌サプリを見つける

乳酸菌サプリには、タブレットタイプ・カプセルタイプ・粉末タイプ・ドリンクタイプがあります。飲みやすいのはドリンクタイプ。成分の吸収率が4つのタイプの中で最も高いという研究データがあります。これらのメリットをすべて満たしている乳酸菌サプリを摂るのがおすすめです。

妊婦さんにおすすめの乳酸菌サプリメント5選

ここでは、妊婦さんにおすすめの乳酸菌サプリメントとして、「米のしずく」「はぐくみオリゴ」「ベビー乳酸菌」「メディキュアママモコモ」「花菜の選べる乳酸菌」を紹介しています。妊婦さんにおすすめな理由をまとめているので、サプリ選びに役立ててください。

米のしずく

米のしずくHP画像

引用元:米のしずく公式サイト(http://komenoshizuku.jp/lt/)

主成分はお米と乳酸菌のみ

食品衛生法で定められている表示対象の27品目(乳・大豆・ゼラチン・卵など)が製品の中に一切含まれていないのが「米のしずく」の特徴です。主成分の乳酸菌には、アトピーの症状を軽減する働きが実証されたLK-117乳酸菌が配合されています。

お米にもこだわり、ポリフェノールと食物繊維たっぷりの「ホシニシキ」を使用。美味しく手軽に摂れる乳酸菌サプリです。

日本生物工学会技術賞を受賞したサプリ

米のしずくに使われている乳酸菌には加熱処理がされていて、殺菌された状態です。米のしずくはいわゆる死菌の状態でも免疫調節作用を持つことが立証されています。

この乳酸菌を作り上げた功績から、米のしずく製作に関わった研究者たちが2015年に日本生物工学会技術賞を受賞。ヨーグルト風味の味わいで飲みやすいサプリです。

米のしずくの口コミ・評判を見る

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴHP画像

引用元:hugkumi+(https://www.hugkumiplus.net/origo/?ad_code=hpho100034)

5種類のオリゴ糖を厳選してブレンド

「はぐくみオリゴ」には、ガラクトオリゴ糖・キシロオリゴ糖・ラフィノース・フラクトオリゴ・乳果オリゴの5種類が配合されています。

オリゴ糖は大腸内で善玉菌のエサになり、ビフィズス菌の増殖を活性化。便秘がちな妊婦さんや女性の腸内環境に働きかけるサプリです。乳酸菌を配合するのではなく、その活性化をサポートするサプリとして人気があります。

オリゴ糖のみが配合されたサプリメント

はぐくみオリゴに含まれるオリゴ糖の中には、甘みが少なく低カロリーな「ラフィノース」や難消化性の強い「フラクトオリゴ」が含まれています。妊娠中のカロリーが気になる方やダイエットしたい方におすすめのサプリです。

ベビー乳酸菌

ベビー乳酸菌HP画像

引用元:株式会社ジョイフルライフ(http://www.surusuru.jp/lpb/bn02/)

ヒト由来の乳酸菌であるクリスパタス菌を配合

ベビー乳酸菌にはヒト由来のクリスパタス菌が含まれています。クリスパタス菌は、女性の産道に多く存在していて、赤ちゃんが産道を抜けるときにお母さんから譲り受ける乳酸菌です。熱に強いので腸までしっかり届き、免疫機能に優れています。

4つの力で妊婦さんをサポート

ベビー乳酸菌には、乳酸菌のクリスパタス菌をはじめビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維がバランス良く配合されています。オリゴ糖や食物繊維がクリスパタス菌やビフィズス菌に働きかけて、花粉症の軽減やアレルギーの抑制に効果を発揮。歯周病にも効果的だといわれています。

メディキュアママモコモ

メディキュアママモコモHP画像

引用元:株式会社MONOゲート(https://monogate.shop/shopping/lp.php?p=mamamocomo)

生まれてくる赤ちゃんのアレルギーやアトピー予防に繋がる

メディキュアママモコモに含まれているクリスパタス菌には、アレルギーやアトピーといった炎症の緩和効果が期待されています。

実はこのクリスパタス菌は産道を通過することで赤ちゃんが自然と摂取するもの。妊娠中のお母さんがクリスパタス菌で健康を保つことで、生まれてくる赤ちゃんにもアレルギーやアトピー予防の効果を渡すことができると考えられています。

腸内環境を整えることで便秘解消

乳酸菌をたっぷり含んでいるメディキュアママモコモを食べることで、腸内環境が良くなり便秘解消のサポートをしてくれます。便秘によって感じるストレスは母体にも、赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまいます。妊娠中はお薬を飲むことができないので乳酸菌を取り、便秘対策を行いましょう。

花菜の選べる乳酸菌

花菜の選べる乳酸菌HP画像

引用元:株式会社花菜(http://www.hanna-saku.jp/nyusankou/)

6350億個以上の乳酸菌パワーで免疫力をアップ

妊娠中はホルモンバランスの変化により、免疫力が低下すると言われています。免疫力低下は細菌やウイルスなどの感染症にかかりやすくなるため、あまり良くない状態です。

乳酸菌には腸内の環境を整えることにより、免疫力をアップする効果があります。花菜2粒に6350億個以上もの乳酸菌が含まれており、免疫力の向上をしっかりとサポート。病気になってしまうとお腹の赤ちゃんに悪影響を恐れがあるので、乳酸菌の力を取り入れて病気の予防をしましょう。

2種類のサプリを使い分けて乳酸菌の効果を最大化

乳酸菌は飲み続けることで、体が慣れてしまい効果が薄れてしまうと言われています。そこで花菜は「すこやか健菌ナノ型」と「うつくし美菌5000億」の2種類をセットにしています。この2種類の乳酸菌を交互に飲むことで慣れを防ぎ、いつでも乳酸菌の力を最大限引き出すことができるでしょう。

アトピーへの効果が期待される乳酸菌サプリメントを紹介

子供にも安全な乳酸菌サプリの口コミと評判を徹底調査!