子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーに悩む方々の間で評判の乳酸菌サプリメント » ラクテクト

ラクテクト

ラクテクトに含まれる乳酸菌やその他の成分について紹介しています。ラクテクトを服用した方の口コミも合わせてまとめました。

ラクテクトHP画像

引用元:ラクテクト公式サイト(https://www.suntory-kenko.com/supplement/main/43333/)

ラクテクトの特徴

ラクテクトは、サントリー系列の会社であるサントリーウエルネス株式会社が開発した乳酸菌サプリメントです。100種類以上の健康成分から厳選された「ラクトバリア成分」とビタミンB1・B2・B6を配合し、毎日の栄養摂取をサポートしてくれます。タブレット状のサプリメントなので、飲み薬が苦手な方でも飲みやすいのが◎。

「ラクトバリア成分」はサントリーが独自に配合し、プロテクト乳酸菌やラクトフェリンなどの成分をより健康維持に役立つよう研究したものです。継続して飲むことで、免疫の活性化作用や抗酸化作用などさまざまな効果が期待できます。

他の乳酸菌サプリと同じように整腸作用もあるため、お腹の調子を整えたい方にもおすすめ。ただし摂りすぎると下痢の症状が出る場合があるので気を付けましょう。

高い免疫力を持つプロテクト乳酸菌配合

ラクテクトには、サントリーが発見した免疫力を高める「プロテクト乳酸菌(ラクトバチルスS-PT84)」が配合されています。プロテクト乳酸菌は従来の乳酸菌と比べても高い効果を持っており、サントリー独自のダブルバリア製法により効果がさらにパワーアップ。しっかりと体の中まで届いてスッキリと整えてくれるでしょう。

1日の目安3粒にプロテクト乳酸菌は15憶個以上含まれています。継続して摂取し続けることで、乳酸菌の効果を効率よく受けられますよ。[注1]

4つの成分で体の不調を改善

体内に侵入したものを抑える「プロテクト乳酸菌」、ビフィズス菌を増殖させる「ラクチュロース」、ウイルスや異物から体を守る「フコイダン」、抗菌・抗ウイルス作用を持つ「ラクトフェリン」4つの成分が配合されているラクテクト。4つの成分を独自配合した「ラクトバリア成分」は、侵入したものを貯め込ませず、働かせないことで体の不調・負担を抑えます。

ラクトバリア成分をさらに効果的にするため、ビタミンB1、B2、B6をプラス。ビタミンB群がサポートして効果を高めてくれます。[注1]

生命力の高い植物性乳酸菌配合

乳酸菌は大きく分けて、「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」があります。
ラクテクトには植物性乳酸菌が配合されています。動物性乳酸菌は酸や熱にたいして耐性が総じて弱く、摂取されてもすぐに死滅してしまいます。比べて植物性乳酸菌は酸や熱にたいして耐性が強く、生きたまま腸に届く菌数が多い、つまり生命力が強いものが多い傾向にあることで知られています。
そのため植物性乳酸菌は積極的に取り入れられることで、生きたままの大量に腸内に送り込まれることになります。よって高い整腸効果が期待できます。

善玉菌のサポート

人間の腸内にはたくさんの腸内細菌が住み着いており、その種類は1000種類1000兆個以上だと言われています。腸内細菌の数や種類や割合、超内部での分布などは人によって大きく異なり、人それぞれの腸内の特徴のことを『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と言います。
腸内フローラと相性の良い乳酸菌でなければ、いくら接種したところで、大便に混じってすぐに体外に排出されてしまいます。
ラクテクトに配合されているラクチュロースは典型的なプレバイオティクスなので、腸内に存在している善玉菌の餌となるため、確実な整腸効果を期待することができます。

ラクテクトに含まれる成分

ラクテクトにはサントリーが独自に配合した「ラクトバリア成分」が含まれています。

ラクトバリア成分は「ラクトバチルスS-PT84」「ラクチュロース」「ラクトフェリン」「フコイダン」の4種類の健康成分を含み、互いがサポートしあうように配合されたもの。乳酸菌と聞くと腸内環境の改善だけを思い浮かべてしまいますが、それ以外にもいろいろな効果があります。

たとえばラクトバチルスS-PT84は免疫機能の強化、ラクトフェリンは抗酸化作用、フコイダンは外敵へのバリア作用と、それぞれ違う部位に影響。腸内だけでなく、皮膚や血管といったところにも効果が期待できます。それぞれ健康維持に役立つ効果を持っているため、摂取することで体質の改善に役立つかもしれません。

ラクテクトに含まれる乳酸菌

ラクトバチルスS-PT84

京都の伝統食材である「しば漬け」の中からサントリーが長年の研究で発見した植物由来の乳酸菌「ラクトバチルス」。従来の乳酸菌と比べて、力のある乳酸菌で「プロテクト乳酸菌」とも呼ばれています。ラクトバチルスの1番の特徴は細胞壁の厚さ。他の乳酸菌と比べても群を抜いた厚さを持っています。

細胞壁は体内の免疫力を高めてくれる免疫活性成分であり、厚みがあるほど免疫力をパワーアップしてくれるのです。

サントリーでは、独自の「ダブルバリア製法」により細胞壁をさらに2倍に厚くすることに成功。より壊れにくく免疫力を高めてくれる乳酸菌となりました。分厚い細胞壁により分解・消化されることなく腸まで乳酸菌が届くので、毎日摂取することで腸内環境の改善が期待できます。

ウイルスやアレルギー症状で実験を行ったところ、症状の軽減を確認。また、免疫力を低下させるストレスに対しても効果があることが分かっています。[注2]

その他特徴的な成分について

ラクチュロース

牛乳に含まれている乳糖を原材料として作られたオリゴ糖のひとつ。牛乳や母乳に含まれており、粉ミルクを飲む赤ちゃんと母乳を飲む赤ちゃんの健康の差を調べたところ発見されました。ミルクオリゴ糖とも呼ばれており、牛乳を殺菌することで生成されます。体内で消化・吸収されないことから、腸までしっかりと届いてビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌の増加をサポートするのが特徴です。

日本人に不足しがちなカルシウムの吸収率を高める効果があることが分かっており、カルシウムと同時に摂取すると体内に吸収されるカルシウム量が増加します。また、ラクチュロース、カルシウム、マグネシウムを同時に摂り込むことで、体脂肪が減量することも確認されているとか。血糖値も上げず、虫歯の原因にもならないなども分かっており、今後の研究によっては更なる可能性を持つ成分です。[注3]

ラクトフェリン

ラクトフェリンは、1939年に牛乳の中から発見された糖タンパク質です。牛乳や人の母乳、汗、涙、唾液などの分泌液に多く含まれており、赤みを帯びていたことから赤色タンパク質と呼ばれていました。

抗菌・抗ウイルス作用を持っており、病原菌やウイルスが増えるのを抑制します。体内にあるラクトフェリンの免疫賦活作用によって体の免疫を活発化し、外敵や異物の侵入を防止。また、鉄を捕捉して活性酸素が出るのを抑えると考えらえています。腸や皮膚、血管などの健康維持や病気の予防などが期待されている成分です。[注4]

フコイダン

もずく、昆布、ワカメなど一部の海藻類に含まれるぬめり成分の「フコイダン」は水溶性食物繊維の1つ。1913年に科学者H・Z・キリンによって発見された硫酸多糖です。抗がん効果、抗炎症作用、抗凝固作用、ウイルスといった外敵から守るバリア機能、美肌作用などが研究から明らかになっており、医学界で注目を集めている成分です。

フコイダンは一部構造の解明はされていますが、構造のほとんどが解析できていません。[注5]

ビタミンB2

レバーやうなぎ、牛乳などに多く含まれる栄養素のひとつ。動脈硬化症や過酸化脂質が体内で出来るのを防ぐ働きがあるため、生活習慣病を予防できます。脂質の代謝に使われる他、肌荒れや髪の毛の悩み、目の充血、爪荒れ、口内炎、口角炎などのトラブルの解消として細胞の再生に働いてくれます。

ビタミンB6

かつおやまぐろ、さんま、バナナなどに多く含まれる栄養素のひとつ。タンパク質からエネルギーを作る過程で酵素を手助けする働きがあり、皮膚や粘膜、髪の毛、歯などを健康にし、成長を促進する作用があります。不足すると皮膚炎や口内炎、湿疹や蕁麻疹などの症状が現れ、アレルギー症状が出やすくなります。免疫機能を維持するのに大事な栄養素です。

「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」の研究内容、研究サイトを紹介

免疫調節機能に作用する力に優れた乳酸菌を見つけるため、(1)よく利用されていること(2)安全性が確かめられているラクトバチルス属であること(3)日本人が古くから親しんでいる漬物由来であること、という条件のもと、さまざまな検証を行ったところ、「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」が一番作用が高い事が分かりました。

さらに「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」の構成を維持した「細胞壁(ICW)」と細胞壁を除いた部分である「プロトプラスト(PP)」のどちらでより強い効果が出るのかをマウスを使って検証をしました。
その結果、「細胞壁(ICW)」の部分でより強い効果が現れ、その作用は「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」の菌体そのものと同程度でした。

この結果から「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」の構成を維持した「細胞壁(ICW)」を摂取することが大切であるとわかりました。
そして「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」をマウスの口から投与すると、脾臓にある「ナチュラルキラー(NK)細胞が活性化し、増加することと、免疫のバランスが整えられることが確認されています。
それによって全身免疫を調節し、アレルギーなどの過剰な免疫反応を抑えることができるのではないかと考えられています。

また、「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」は口から摂取することで、腸管の免疫が活性化するため、身体のバリア機能がアップし、感染から身体を守る可能性があるとわかりました。

インフルエンザウイルスのように毎年世界中で流行しているウイルスに対し、「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」の有用性を検証したところ、肺の中に存在するインフルエンザウイルスの数の減少や、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があることが分かりました。
これにより、「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」はインフルエンザの感染予防や、感染をした場合でも、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることで症状を軽くする可能性が分かりました。

「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」は健康体の成人が摂取することでどのような作用があるのかを検証しました。

サントリーホールディングスの社員、35名を対象に、「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」合計5億個、15億個、45億個の3グループに分けて、28日間摂取させるという検証を行ったところ、2週間経過したタイミングで、15億個のグループでNK細胞の活性化が認められました。その後も4週目まで続けて摂取することで菌数に比例する形でNK細胞の活性化が認められました。

このことから、「乳酸菌ラクトバチルスS-PT84」を継続的に摂り入れることで、免疫機能の向上や維持できることがわかりました。

参考サイト・参考文献

ラクテクトの口コミ

着きものが落ちたというのは、こういうのをいうのですね!溜まったものがなくなって、毎朝すっきりしています。もう手放せないですね。便秘がちだったのが、するっと出てくるようになりました。快調、快腸。

体調が良くなったせいなのか、風邪をひきにくくなっていますね。家族がダウンしても私だけ元気ですから。痩せてはいないけど体内の環境づくりに成功したのかも。今度は家族全員で飲むようにしてみます。

ラクテクトの副作用・注意事項

健康維持のために飲用する方が多いラクテクトですが、飲みすぎるとお腹を壊してしまうことも。ラクテクトには便通を良くする成分が入っているため、飲みなれない方やお腹が弱い方は強く効果が出てしまうことがあるようです。

子どもでも飲めるの?

サントリーのホームページには「妊娠・授乳中の方、小児のご利用はお控えください。」と記載がありますので、子どもが摂取することはやめておいた方が良いでしょう。

ラクテクトの飲み方

ラクテクトは、1日3粒を目安に水やお湯で服用しましょう。ただし薬のように飲むタイミングが厳密に決まっているわけではないため、まとめて飲んでも問題ありません。それぞれの生活スタイルに合わせて飲むのがおすすめです。

ラクテクトの価格について

ラクテクトはサントリーウエルネスの公式サイトのほか、amazonや楽天といったネットショッピングサイトで販売されています。

ラクテクトを買うのであれば、5,000円以上で送料無料の特典が付く公式サイトがお得。さらに定期お届けコースなら10%割引と毎回の送料無料が付くため、よりお得に購入できます。

公式サイトには単品購入・定期購入どちらもありますが、他のサイトは単品購入しか取り扱っていません費用を抑えてお得に購入するなら、公式サイトで申し込むのがおすすめです。

ラクテクトの商品概要

内容量 90粒/1本※1日3粒目安
原材料名 ラクチュロース、マルチトール、乳酸菌、フコイダン含有メカブ抽出物、HPMC、ビタミンB1、ラクトフェリン、酸化ケイ素、ビタミンB6、ビタミンB2、着色料(酸化チタン)、ステアリン酸Ca、タルク、グリセリン、増粘剤(アラビアガム)、光沢剤 (原材料の一部に乳成分を含む)
価格 30日分(90粒):4,600円
定期購入(90粒):4,140円

アトピーへの効果が期待される乳酸菌サプリメントを紹介

このページを作るのに参考にした文献

子供にも安全な乳酸菌サプリの口コミと評判を徹底調査!