アトピーの方へおすすめしたいサプリメント比較

アトピーの方へおすすめしたいサプリメント比較

アトピーに効果といわれるサプリメントの成分を調査

HOME » アトピー治療の質問箱 » なぜステロイド剤は危険なのか

なぜステロイド剤は危険なのか

アトピー治療に使われるステロイドはどうして危険なのか?主な副作用をまとめました。

ステロイド剤による副作用について

みなさんご存知の通り、医師が処方するアトピー治療の薬は、ほとんどがステロイド剤。ステロイド剤は、症状が重い場合は「火消し」として、軽い場合は「維持」の働きをします。

正しいタイミング、使用量を守れば効果的にはたらきますが、少しでも間違ってしまうと副作用として様々な悪影響が肌に現れてしまいます。

また、正しく使用したとしてもステロイドを使用する期間が長期化すればやはり肌にはよくありません。

ここでは、ステロイドの主な副作用をご紹介しましょう。

細胞の増殖、新しい皮膚作成の抑制に関するもの

  • 皮膚萎縮
    長期的にステロイド剤を塗っていた場合、皮膚が薄くなり血管が透けて見えるようになってしまいます。主にわきの下や太もも、わき腹に起こります。
  • ステロイド紫斑
    皮膚が薄くなっているせいで、すぐに黒いあざができる現象です。
  • ステロイド潮紅
    顔全体が赤くなり、赤いボツボツができることも。
  • 毛細血管拡張
    毛細血管が肉眼でも見えるようになります。

ホルモン作用によるもの

  • ステロイドざ瘡
    にきびができやすい状態になります。
  • 多毛
    ステロイドを塗っているところに、毛が多く生えてきます。

免疫、アレルギー抑制作用によるもの

  • 感染症の誘発及び悪化
    ステロイド剤は皮膚の免疫力を低下させてしまいます。そこにすり傷や切り傷ができてしまうと、感染症などを併発するおそれがあります。

その他

  • 口囲皮膚炎
    口の周りに赤いボツボツができます。
  • 接触皮膚炎
    植物や衣服、下着、金属、革製品などに触れるとかゆみが出ます。 もともとこういう体質の人もいますが、ステロイドによる副作用の場合もあります。
  • 副腎皮質機能低下
    ステロイドは、副腎皮質ホルモン剤です。強いステロイドを長期間、多量に使うと、本来体内で合成される副腎皮質ホルモンが生成されなくなり、体の機能が低下します。ホルモンを作る命令を出す脳の活動も抑えられてしまい、体の成長が止まってしまうことがあります。
  • ステロイド緑内障
    眼圧が上がってしまいます。
  • ステロイド白内障
    目のレンズ・水晶体がくもります。

ステロイド剤には様々な副作用がありますが、症状がまったくでない人もいればたくさん出てしまう人もおり、人それぞれです。

しかし、症状がでていなくともこれだけの副作用を引き起こす可能性があるということは、体に負担がかかっているということです。できるなら脱ステロイドのために、アトピー体質の改善をしたほうが懸命です。

脱ステロイドをするときに気をつけてほしいのが、リバウンド。「ステロイド離脱症候群」とも呼ばれており、アトピー症状の悪化や激しい頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、食欲不振、発熱など様々な症状が現れてしまうことがあります。

いきなりステロイドを使うのをやめるのではなく、体質改善をしながら徐々にステロイドを減らすように心がけてください。

 
アトピーの方へおすすめしたいサプリメント比較