アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピー治療の質問箱 » なぜステロイド剤は危険なのか

なぜステロイド剤は危険なのか

アトピー治療に使われるステロイドはどうして危険なのか?主な副作用をまとめました。

ステロイド剤による副作用について

みなさんご存知の通り、医師が処方するアトピー治療の薬は、ほとんどがステロイド剤。ステロイド剤は、症状が重い場合は「火消し」として、軽い場合は「維持」の働きをします。

正しいタイミング、使用量を守れば効果的に働きますが、少しでも間違ってしまうと副作用として様々な悪影響が肌に現れてしまいます。

また、正しく使用したとしてもステロイドを使用する期間が長期化すればやはり肌にはよくありません。

ここでは、ステロイドの主な副作用をご紹介しましょう。

細胞の増殖、新しい皮膚作成の抑制に関するもの

ホルモン作用によるもの

免疫、アレルギー抑制作用によるもの

その他

ステロイド剤には様々な副作用がありますが、症状がまったくでない人もいればたくさん出てしまう人もおり、人それぞれです。

しかし、症状がでていなくともこれだけの副作用を引き起こす可能性があるということは、体に負担がかかっているということです。できるなら脱ステロイドのために、アトピー体質の改善をしたほうが懸命です。

脱ステロイドをするときに気をつけてほしいのが、リバウンド。「ステロイド離脱症候群」とも呼ばれており、アトピー症状の悪化や激しい頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、食欲不振、発熱など様々な症状が現れてしまうことがあります。

いきなりステロイドを使うのをやめるのではなく、体質改善をしながら徐々にステロイドを減らすように心がけてください。