子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピー治療の質問箱

アトピー治療の質問箱

原因不明・治療法もまだ確立されておらず、謎が多い病気・アトピー。どうすればあのかゆみや皮膚のじゅくじゅくを抑えて快適な生活が送れるのでしょうか?

アトピー治療の疑問質問にお答えします

アトピーの人が気を付けるべき食事について

まずは、医師からも指導があることの多い食生活について。

アトピー・アレルギー反応が悪化してしまう原因や、アトピー体質の方に共通する体調の変化、そうなったときに摂取したほうがよいもの、摂取しないほうが望ましいものについてまとめています。

体内で吸収できる栄養素は天然のものに限られるため、なるべく食事から摂取したほうが効率が良いのですが、どうしても足りないときはサプリメントを頼りましょう。

アトピー持ちの人が食事で気を付けるポイントについて

アトピーに漢方薬は有効?

続いて、様々な治療に人気の漢方薬の効果について。

漢方の場合、一口にアトピーと言っても症状別に処方する薬が異なります。つまり、その人に合った薬を使うことができるため、効果は比較的出やすいのだそうです。

しかし、漢方処方医という専門の医師がいる医療機関でしか薬がもらえず、さらに薬によっては保険が効かないこともあるため、高額な医療費になってしまうこともあるのです(近年は徐々に保険が効く生薬が増えてきているそうですが)。

次のページでは、漢方薬が果たすアトピー性皮膚炎への働きについて解説しています。

アトピーに漢方薬は有効か

ステロイド剤の危険性について

アトピー治療に一般的に使われるステロイド剤の恐怖について。

正しい使い方をすれば副作用も少なく効果的といわれていますが、それでも長期的に使うとなればやはり何かしらの影響は出てきます。ここでは主なステロイドの副作用を紹介していきます。

アトピーの治療はあせらずゆっくり、体質改善が一番です。体質が変わり、アレルギー反応が出なくなってくれば、かゆみやじゅくじゅくは必ず良くなっていきますので、地道に治していきましょう。

パジャマ選びについて

アトピーの症状を持つ子どもの場合、眠るときに下着や洋服が擦れてかゆみが出る場合があります。アトピーの状態や寝具、乾燥などが原因である可能性もありますが、「パジャマ」の素材がかゆみの原因となっている場合も。

ポリエステルなどの化学繊維が使用されているパジャマの場合は、素材が肌へ刺激となることで安眠の妨げになります。その為、子どもが夜、しっかりと睡眠がとれるようにパジャマを選ぶことも対策のひとつです。

アトピーの子供を持つママ必見!「パジャマ選び」が重要な理由について詳しく知る

睡眠薬を使ってもいいの?悪化しない?

人によってアトピーが悪化する時期があります。そんな時期にはかゆみが強くて眠れないという悩みを持つ人がたくさんいます。眠れないと日常生活に支障がでるだけでなく、アトピーの悪化してしまうので、しっかりと睡眠がとれないと悪循環に陥ってしまいます。

そんな時に有効なのが「睡眠薬」です。
睡眠薬には抵抗がある人も多いですが、どうしても眠れない時には頼る事も大切です。
睡眠薬のいい面と悪い面をしっかり知ったうえで、上手に取り入れましょう。

アトピーのかゆみで夜眠れない!睡眠薬を使ってもいいの?悪化しない?について詳しく知る

市販の洗剤・柔軟剤の選び方は?

アトピーの症状が出ている場合は、ちょっとした刺激でも症状が悪化してしまうことがあります。かゆみがあってもかきすぎないことや肌をこすりすぎないこともそうですが、洋服などの素材に気を付けることも大切です。
そして意外と見落としがちなのが、肌に優しい洗剤や柔軟剤を選ぶということです。
洗剤や柔軟剤の中には、肌に刺激となる成分が入っていることもありますので、刺激の少ない洗剤や柔軟剤を選びましょう。
特に注意したい成分や洗剤や柔軟剤の選び方についてご紹介します。

アトピーの人は要注意!市販の洗剤・柔軟剤の選び方について詳しく知る

氷で冷やすとかゆみはおさまる?

普段からかゆみが出ないように気を付けていても、「どうしてもかゆみが収まらない」という時があります。
そんな時には、「氷で冷やす」という方法があります。アトピーっ子のママやパパも普段から保湿ケアなどを頑張っていると思いますが、かゆみを100%予防するということは困難です。

普段からかゆみを予防しつつ、もしもの時は氷で冷やすというように、応急処置として知っておくと便利です。ただ冷やすだけではなく、注意点を理解して上手に取り入れましょう。

アトピーがかゆい!氷で冷やすとかゆみはおさまる?について詳しく知る