アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » ルイボス

ルイボス

南アフリカの山脈地帯の乾燥地帯に自生しているルイボス。多くのミネラル分が含まれている地下水脈の水を吸って成長したルイボスはミネラルを豊富に含んでいるのです。

ここでは、ルイボスティーとアトピーの関係性や含まれる酵素、口コミなどを調査しました。

ルイボスティーでアトピー対策!メカニズムと効果

根本的な原因がわかっていないアトピー性皮膚炎ですが、ルイボスティーを飲むことで治ることもあるのだとか。ここでは、ルイボスティーを使ったアトピー対策のメカニズムや効果について解説していきます。

活性酸素を分解する酵素が含まれたルイボスティー

お茶の中でも抗酸化作用が高いと言われているルイボスティー。亜鉛やマンガン、セレンといった健康維持に必要な栄養素を一度に摂取できるため[注1]、肌トラブルの改善や健康な体質作りに役立ちます。

アトピー性皮膚炎はアレルギーの原因となる「異物」が肌に触れることで、体内から活性酸素を放出し異物や細菌を攻撃することで起こる症状です。

通常は攻撃を終えると、活性酸素は分化され無害化します。しかしアトピー性皮膚炎の場合は、免疫力が異常を起こし活性酸素を大量に皮膚へ送り出すように。すると、異物や細菌の周りにある正常や細胞にも攻撃を加えてしまうのです。これが皮膚炎となり、かゆみや痛みの原因となります。

さらに活性酸素は過酸化脂肪を作り出し、皮膚に存在する保湿成分や保湿機能を破壊[注2]。過酸化脂質によって傷ついた皮膚が乾燥することで、アトピー性皮膚炎を進行させてしています。そのため、体内の活性酸素の量を適正に保つことこそが、アトピー症状の改善に繋がるといえるでしょう。

便秘を改善する効果にも期待できる

ルイボスティーは腸の運動を活発にしてくれるため、腸内環境を整える作用があります。腸内の水分を維持してくれるミネラル(マグネシウム)も豊富なので、便を柔らかくし排出しやすくなる効果が高まるのです。通便が良くなれば、腸内の悪玉菌や毒素を同時に除去できるので、腸内環境が原因の肌荒れに効果的と言われています。

ルイボスティーを飲むことで肌質が改善され、結果的にアトピーの炎症を抑えられるかもしれません。

SOD酵素とは

活性酸素を除去してくれる作用を持つ酵素が、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素。呼吸によって体内にとりいれられた酸素のうち約2%が活性酸素(酸素毒)になると言われています。

活性酸素は殺菌力が強く、体内で細菌やウイルスを除去してくれる働きがあるのですが、増えすぎると正常な細胞や遺伝子を攻撃するという性質も。また脂質と結びついて過酸化脂質(細胞を傷つけてしまう脂質)に変化し、人体にさまざまな障害を与えることもあります[注2]

増えすぎてしまった活性酸素を取り除いて無毒化してくれる成分は、SOD酵素以外にも抗酸化作用のあるビタミンやポリフェノールなどがあります。

体内ではこれらのバランスによって身体の健康が保たれていますが、近年は環境汚染や紫外線、排気ガスの影響で活性酸素が増加。体内で作られるSOD酵素のみでは、活性酸素のバランスが保てなくなっています。

ルイボスティーに含まれるSDO酵素を積極的に摂取することで身体の酸化を抑えて、アトピー改善ができるのです。

SOD酵素の効果に関する研究

SOD酵素はアトピー性皮膚炎を改善してくれるとして研究で注目されています。ここでは、その効果を実証している医学的根拠に基づいた記述を探してみました。SOD酵素の効果を知ることで、身体の内側から皮膚をケアしましょう。

SOD酵素の働き

活性酸素が体内で増加し危害を加えそうになると、細胞の核でSODと呼ばれる酵素が作り出され生体に害を及ぼす活性酸素を取り除くことを、アラバマ大生化学主任教授のマッコード氏が実験で証明しました。

またマウスの体内に大量の活性酸素を発生させることで、脳卒中や心筋梗塞を強制的に引き起こし、マウスにSOD酵素を注射することで治癒したとの結果も[注3]。この研究から過剰な活性酸素が原因で起こる病気に効果があるとしてSOD酵素の開発研究が注目を浴びるようになったのです。

ルイボスティーとSOD酵素の関係性

アフリカで奇跡の植物と呼ばれるルイボスは、SDO酵素を多く含んでいます。根は10m以上にも伸び、ミネラル豊富な地下水を吸い上げるとのこと。

また化学肥料や農薬を一切使わずに栽培されているため、有害物質が蓄積されていません。作用が緩やかで副作用もなく、SOD製剤が効く病気にプラスしてアレルギーを抑えるという非常に広い効力を持っています。

ルイボスティーの幅広い作用は「必要な新陳代謝までとめてしまうステロイド剤と同じ効果を持つが、副作用がないもの」という研究結果から、痛みや腫れ、発熱などの一般的な炎症やアレルギーが原因のアトピー症状にも効果が期待できます。

また活性酸素や過酸化脂質を除去してくれるフラボノイド(38ml/100q)を多く含むことがわかっています。

アトピーとSOD酵素の関係性

活性酸素を除去してくれるSOD酵素はアトピー症状を改善することに繋がります。

アトピー体質の患者500人の血液を調べた際「過酸化脂質値が異常に高い」という結果が得られました[注2]。症状が重い人に比例して過酸化脂質値も高いという結果が出ています。

体質的に乾燥傾向を持つ人の皮膚に、過酸化脂質が付着することで、アトピー性皮膚炎が引き起こされるという研究結果も出ており、アトピーは過酸化脂質が深くかかわっていることがわかります。

SOD酵素が体内で十分に生成されることで、活性酸素を抑え過酸化脂質が発生を抑制。つまり、SOD酵素を効果的に摂取することで、過酸化脂質値が低下しアトピー症状を改善できるのです。

ルイボスティーを活用したアトピーさんの口コミ

息子が生後2か月のころにアトピー性皮膚炎だと診断されました。体中が真っ赤になり、とても見ていられない状態に。小児科でステロイド軟膏を処方してもらい使用していましたが、服作用のことを考えると使いたくありませんでした。そんなとき、ルイボスティーがアトピーに効くというのを知ったので、息子に飲ませることにしたのです。1ヶ月ほど続けて飲ませてみると、ウソのようにアトピーが改善しました。それから家族全員で飲み続けています。

ルイボスティーが身体に良いと聞いて家族で飲みはじめました。なんでも血液をサラサラにしてくれる効果があるんだとか。飲みはじめてしばらく経つと息子のアトピーが良くなりました。今までは風呂上りに治療用のクリームを塗らなくても問題ありません。飲み続けることで体質が変わったのかも。健康維持のため、これからも家族で飲み続けていきます。

この記事を作るのに参考にしたサイト・文献