子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » ビフィズス菌LKM512とアトピーの関係

ビフィズス菌LKM512とアトピーの関係

成人型アトピー性皮膚炎の症状を緩和してくれると言われるビフィズス菌LKM512の効果や、研究結果を紹介していきます。アトピーやアレルギーに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

LKM512とは

ビフィズス菌LKM512ってなに?

LKM512とは1997年に発見されたビフィズス菌の一種。摂取することで身体に良い効果を持つプロバイオティクスです。

ビフィズス菌は腸内細菌の一種で、乳児の頃は腸内に沢山存在していますが、加齢・ストレス・運動不足・投薬などさまざま理由により減少します。

減ってしまったビフィズス菌を直接増やす方法として、ヨーグルトやサプリメントを摂取する方法がありますがビフィズス菌は酸にとても弱く、胃酸で死滅してしまいほとんどが生きたまま腸に届くことはありません。

ビフィズス菌LKM512は、胃酸に強い特性があるので生きたまま腸内まで到達します。腸に届いたLKM512は腸にくっついて、大腸で増加。身体に良い善玉物質が増えやすい環境を整えてくれます。[注1]

寿命伸長効果

LKM512を摂取することによって、全ての生物の細胞に存在するポリアミンという成長因子が増加。寿命を伸長する効果があります。

マウスを使った研究では10ヵ月齢のメスを3つのグループに分けてそれぞれにLKM512とポリアミンの一種スペルミン、生理食塩水を週3回投与。LKM512を経口投与されたマウスは大腸のポリアミン濃度が上昇しました。大腸で増えたポリアミンは大腸のバリア機能を維持。抗炎症効果によって、寿命が延びたことを確認しました。

スペルミンを経口投与したマウスも寿命の伸長傾向がありましたが、LKM512と比べて低く、ポリアミンは腸内で生産した方が効果的だということが分かったのです。

LKM512を経口投与したマウスは観察期間中毛並みも良く活発に活動していた一方で、生理食塩水を投与したマウスは腫瘍や潰瘍が多く発生しました。このことから、LKM512を摂取することで大腸のバリア機能が高まり、病気を引き起こしにくくなることで寿命そのものに影響を与えることが考えられます。[注2]

整腸効果

生きたまま腸に届いたLKM512は増殖することで、酢酸や乳酸といった短鎖脂肪酸を生成。腸内を酸性にして、酸性が苦手な悪玉菌を抑制するのです。

LKM512は腸を整える作用を持つことから、特定保健用食品の関与成分とされています。[注3]

LKM512のアトピー効果に関する研究内容

LKM512がアトピーの症状を改善

医薬品の臨床試験の実施基準(GCP)に準拠した臨床試験を協同乳業が行った結果、ビフィズス菌LKM512が成人型アトピー性皮膚炎を軽減する効果を持っていることが分かりました。

医療機関で治療を受けている中等症から重症の成人性アトピー性皮膚炎の方44名を対象にビフィズス菌LKM512の研究を開始。LKM512とプラセボ(偽薬)による二重盲検並行群間比較試験を実施して、摂取から4週間ごと8週間後に医師と被験者の評価で効果を調査しました。

結果、ビフィズス菌LKM512摂取した場合と、プラセボを摂取した場合を比較すると、明らかに改善されていることが分かり、被験者自身もかゆみの低下を感じました。腸内にはかゆみ抑制物質が増加しており、採取した物質をアトピーモデルのマウスに投与。かゆみを示す行動が減っていることが分かりました。[注4][注5]

LKM512がアトピーのかゆみを軽減

研究では症状が中等症の成人型アトピー性皮膚炎の方10名を対象に実験を実施。1日100gのLKM512含有ヨーグルトとプラセボを4週間摂取して、摂取前後の糞便と血液の分析をした結果、LKM512を含有しているヨーグルトを食べた方は「かゆみ」の症状が改善される傾向にあることが認められました。[注4]

アレルギー物質の侵入をブロック

腸内のポリアミン濃度が低い成人型アトピー性皮膚炎の方は、正常とは異なる腸内菌叢が作られており、腸管のバリア機能が低下して腸からアレルゲンが侵入しやすい状態です。

ビフィズス菌LKM512が含まれているヨーグルトを摂取することにより、腸内菌叢が大きく変動。腸内のポリアミンが増加して弱まっていた腸管バリア機能が回復し、アレルギーの原因物質が体内に入るのを抑えられるようになったと考えられています。[注4]

免疫バランスを反アレルギー型に変更

身体を循環するリンパ球や血液に含まれている免疫細胞には、感染予防因子のTh1細胞とアレルギー因子のTh2細胞が存在。免疫細胞はバランスが崩れる際、Th2が優勢になることでアレルギー症状が発生することがあります。

LKM512が生産したポリアミンは、腸から吸収されてTh1とTh2のバランスを調整。Th1細胞優勢の反アレルギー型にしてくれると考えられています。[注6]

アレルゲンの侵入を抑えながら、免疫バランスを反アレルギー型にするビフィズス菌LKM512。成人型アトピー性皮膚炎を抑えつつアトピーの症状改善に効果を発揮する注目の乳酸菌です。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献