子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » 乳酸菌LK-117とアトピーの関係

乳酸菌LK-117とアトピーの関係

アトピーやアレルギーに効果的だとされているLK-117について研究論文を参考にまとめてみました。体内でどういった働きをしてくれるのか気になる方はチェックしてみてください。

乳酸菌LK-117とは

菊正宗という酒造から発見された天然の乳酸菌。LK-117乳酸菌は菊正宗と神戸大学の共同研究で発見されました。

神戸で江戸時代から続く酒造会社が行なっている製造方法「生もと造り」で生み出された乳酸菌の中から身体を内側から整える働きがあるものを抽出。さらにそこからふるいにかけ、免疫調整作用に最も優れている乳酸菌として抽出されたのがLK-117乳酸菌です。

現在、乳酸菌にはさまざまな種類があり、各メーカーもそれぞれ独自の商品開発を行なっていますが、LK-117乳酸菌は菊正宗の製造方法「生もと造り」からしか生まれない貴重な成分なのです。

効果・効能

乳酸菌LK-117乳酸菌がもたらす効果で最も期待されているのが、アトピー・アレルギーに強い身体を作ることです。

アレルギー症状は身体の中にあるTh1リンパ球とTh2リンパ球のバランスが崩れることで発生すると言われています。健康な人はこの2つのリンパ球のバランスが取れていますが、Th2リンパ球が優位の状態になるとアレルギー症状が出るのだそう。この2つのバランスが崩れた状態を整える効果があると言われているのがLK-117乳酸菌です。

腸内の免疫細胞がLK-117乳酸菌を認識すると、Th1・Th2のバランスを整えてくれることが確認されています。そのほか、LK-117乳酸菌は腸内環境の改善する作用もあり便秘対策にも効果的です。LK-117乳酸菌は古くから日本人の身近にあった菌であるため、日本人との相性も良いと言えます。

乳酸菌LK-117のアトピー効果に関する研究内容

乳酸菌の働きとして最も注目すべきはプロバイオティクス(腸内フローラのバランスを改善してくれる作用)ではないでしょうか。しかし、最近では腸内フローラを整えて疾患予防や回復、免疫調節してくれるなどの効果があるとされ、アトピーや花粉症に効果があると期待が高まっている成分の1つでもあるのです。

今回は菊正宗酒造総合研究所で実施された実験を元にLK-117のアトピー効果を紹介していきます。菊正宗酒造総合研究所では乳酸菌の中でも腸内フローラを通さず身体に直接働きかけてくれる菌、免疫調節作用の高いものはどれかを実験で調べることに。

生もと乳酸菌の免疫調節作用(細胞実験)

人の体には細菌やウィルスなどの異物に対して反応する「Th1」、ダニやカビといったアレルゲンに反応する「Th2」の2つの免疫細胞を調節してくれるヘルパーT細胞があります。

アトピーやアレルギー、花粉症を発症してしまう人は同比率だったTh1とTh2が何かしらの原因でTh2だけが増加しているのです。Th2に傾いてしまった状態だと特定の成分しか排出できないB細胞が活性化されてしまい、アレルギーの原因となる抗体を促進させアトピーや花粉症の症状を引き起こすといわれています。

そこで菊正宗酒造総合研究所では、17種類の各乳酸菌を使用してマウスの細胞に刺激を与える実験を実施しました[注1]。乳酸菌で細胞にダメージを与えたときに、ウィルス感染細胞から身体を守るIL-12産生能がどうなるのかを調査。結果は実験に使用した乳酸菌17菌どれもIL-12産生能が良くなることが分かりました。

生もと乳酸菌の免疫調節作用(マウス実験)

次に17種類の中でも免疫調節作用が高いと考えられる乳酸菌、メセンテロイデスLK-103、サケイLK-117、127、133、141の5菌をピックアップし、マウスを用いて蕁麻疹やくしゃみなどが起きるかどうかを調べました[注2]

調査内容としては、乳酸菌の加熱死滅菌体を1日1回投与(4日間)。その後、マウスの耳にアレルギー反応を発症させ、5菌をそれぞれのマウスの耳に投与していきました。

耳たぶの厚さを図った結果、LK-171を除いた4菌は耳が薄くなりアレルギー反応を抑制できたことが判明。中でもサケイLK-117は5菌の中でも最も効果が高いことが分かり、これらの結果からはサケイLK-117はアレルギーやアトピーに効果があることが明らかになったのです。

アトピー対策にLK-117を含むサプリを服用している人の口コミ

この記事を作るのに参考にしたサイト・文献