子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » 乳酸菌KW3110とアトピーの関係

乳酸菌KW3110とアトピーの関係

アトピー性皮膚炎に効果的だとされるKW3110について研究論文を参考にまとめてみました。アトピーを改善したいと考えている方はぜひご一読ください。

乳酸菌KW3110とは

KW3110はキリンホールディングスが発見した乳酸菌の1つ。免疫細胞のバランスを整えてくれる働きがあります。そんなKW3110の特徴をまとめてみました。

免疫細胞のバランスを整える

KW3110は他の乳酸菌と同様、便通を良くしてくれる働きがあります。それにプラスして特に期待できる効果が「免疫力向上」「アレルギー症状の緩和」。

これらはキリンホールディングスと昭和女子大学大学院生活機構研究科と合同で行った研究結果からも出ているので[注1]、まだKW3110を摂取したことのない人は試してみるといいでしょう。

アトピー症状が強く出てしまうときには体内の細胞バランスが傾いているケースがあります。KW3110はそのバランスを整えてくれる作用があるため、積極的に摂取しておきたい成分です。

便通効果がある

多くの成分は摂取してもバリア効果のある胃酸や胆汁酸などに殺菌されてしまい、腸まで到達できるのは極わずかな数。しかし、KW3110は胃酸耐性があることが実験で確認されており、菌が生きたまま腸まで届くことができるのです[注2]

また、仮に届いたとしても腸内に長い期間留まり増殖しなければ便通は改善されません。KW3110は腸管に接着する能力が高く、他の成分よりも優位性があることが確認されていますよ。

KW3110はサプリでの摂取のみ

2018年現在、KW3110が摂取できる食品は販売されていません。そのため、摂取するにはサプリを飲用すると◎。商品によっては1日2粒で簡単にパパッと摂取できるため、しっかりと比較検討して選ぶようにしましょう。

サプリが飲めないという方は、免疫細胞のバランスを整えてアレルギー症状を抑制してくれるKW3110同様の成分「ビフィズス菌」があるので、それらが含有されているヨーグルトを選ぶのがベストです。

乳酸菌KW3110のアトピー効果に関する研究内容

アトピーを抑制

昭和女子大学大学院生活機構研究科とキリンホールディングスの合同研究で、KW3110は免疫細胞を整える力があることが分かりました[注1]

アトピーは免疫細胞のバランスが崩れることが原因で発症してしまいます。細菌やウィルスなどの異物に反応するTh1。ダニや花粉といったアレルゲンに反応するTh2。これら2つの細胞は普段均衡を保っていますが、腸内環境が悪くなってしまったり、ホルモンバランスが崩れることによってTh2だけが増加してしまうことがあります。そうなってしまうと、体がダニや花粉、ほこりといったアレルゲンに過剰に反応。痒みや湿疹を引き起こしてしまうのです。

しかし、KW3110を摂取すると、身体に異常が起きた場合でもTh2を抑制することが可能。これらの結果はマウスによる研究で分かっています。まだKW3110が配合されたサプリメントを利用したことのない人は、試してみるのも1つの手です。

花粉症にも効果的な成分

昭和女子大学大学院生活機構研究科とキリンホールディングスの合同研究の結果からは、KW3110は花粉にも効果的だという結果がでています[注1]

実験内容はKW3110成分を摂取したマウスと摂取していないマウスにスギ花粉を点鼻。マウスそれぞれくしゃみの回数や引っかき行動を数えたとき、KW3110を摂取したマウスが摂取していないマウスより約10回少ないという結果がでています。その結果からKW3110は花粉にも効果があるとされているのです。

国内だけでも2,500万人以上の人が悩まされている花粉症。毎年悩まされている花粉症も、KW3110が含有されているサプリを飲用するだけで防げる期待が高まります。マスクや目薬、ティッシュなどの対策にプラスして、乳酸菌のKW3110を摂取し免疫力を上げていきましょう。

乳酸菌KW3110サプリでアトピーに効果があった口コミ

乳酸菌KW3110サプリでアトピーに効果を感じなかった口コミ

乳酸菌KW3110に関する論文

近年では、健康意識の向上や「乳酸菌の可能性」についての注目が高まっていることも相まって、乳酸菌の効果や効能についての研究が盛んになっており、年を追うごとにその学術論文も多くなってきています。実際にどんな研究が行われ、どんなことが分かったのか、どんな可能性があるかなど、数ある学術論文の中でも、乳酸菌KW3110に焦点を当てた論文にをいくつかご紹介します。

抗アレルギー効果のある乳酸菌 KW3110 株の発見と活用

日本人の3人に1人が花粉症など、何らかのアレルギーを発症しているが、実際の治療法は対処療法が多く、根本的な治療法などが見つかっていません。そこで注目されたのがアレルギー反応が減少すると言われている「乳酸菌」です。「すべての乳酸菌はアレルギー反応を減少する効果があるのか?」という疑問から研究がスタートしました。マウスを使った検証から、KW3110という乳酸菌で効果が確認された。人の花粉症やアトピー性皮膚炎を患ったマウスの症状の進行を抑える作用がみられました。
これらの結果から、様々なアレルギーやアトピー性皮膚炎の根本的な改善が期待できるとして、商品化を行った。乳酸菌といえばヨーグルトを思い浮かべる人も多いですが、乳酸菌は株によって商品化に向かないものもあります。しかし、KW3110はもともと「チーズ」から分離されたものなので、ヨーグルトとも相性が抜群でした。今後は、清涼飲料水やサプリメントなどでの商品化を検討しています。[注1]

Lactbacillus paracasei KW3110株の免疫調節作用に関する研究

いろいろな乳酸菌が免疫調節機能に作用するといったような新たな研究成果が明らかになっていますが、実際に「どう作用するか」や「メカニズム」に関する研究はあまり進んでいないのが現状です。
近年注目されている「KW3110株」についても、花粉症などのアレルギー症状やアトピー性皮膚炎といった症状の抑制の効果が確認されていますが、実際に土ようなメカニズムで、アレルギー症状などの抑制が行われているかがわかっていませんでした。
そこで、「乳酸菌KW3110株」から身体の中でどう作用し、どのようなメカニズムでアレルギー症状を抑制するかを解明する目的で、サイトカインのひとつである「IL-12」が、人の免疫器官である「パイエル版」にどのような作用をもたらすかを検証しました。
KW3110を口から摂取してから一定の時間帯で、「IL-12」遺伝子の発現率が上昇することがわかりました。さらにパイエル板だけでなく、腸間膜リンパ節でも、接種から10時間後にIL-12遺伝子の発現率が上昇したという結果がでました。これにより、乳酸菌KW3110を摂取することで、IL-12の発現が上昇し、アレルギー症状を抑制する作用があるということと、そのメカニズムの一部が明らかになりました。[注3]

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献