子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » 植物性乳酸菌K-2とアトピーの関係

植物性乳酸菌K-2とアトピーの関係

酒粕由来の植物性乳酸菌K-2は、アトピーやアレルギーに効果が高いといわれている成分です。ここでは研究論文を元に、アトピー性皮膚炎に対する効果をまとめました。K-2を利用している方の口コミもまとめているので、チェックしてみてください。

植物性乳酸菌K-2とは

酒粕から発見された乳酸菌K-2は、ラクトバチルス・パラカゼイ種の一つ。植物性の乳酸菌で、殺菌後も色々な効果があることで知られています。特にアトピー性皮膚炎やスギ花粉症アレルギーの緩和に効果を発揮し、症状を和らげてくれるのが特徴。

亀田製菓によって研究されており、これまでにインフルエンザ予防や免疫系の強化作用なども確認されています。[注1]

かゆみの元を抑えてアトピーを改善!

乳酸菌K-2は、研究によってアトピーやアレルギーの症状を軽減する効果が分かっています。アトピー皮膚炎モデルマウスを使った実験では、乳酸菌K-2を摂ることでかゆみの原因であるIgE抗体が抑制。かゆみの症状が治まり、ひっかき傷による亀裂や出血が見られなくなりました。

ヒトの臨床試験でもアトピー症状の改善が見られています。このことから、乳酸菌K-2にはアトピーを改善する効果が明らかになりました。アトピーはかゆい部分をひっかいてより症状がひどくなることもあるため、かゆみの元から改善してくれるK-2を摂ることで症状を和らげられるでしょう。[注2]

植物性乳酸菌K-2をうまく体に摂り入れるには?

乳酸菌K-2は亀田製菓が研究している成分で、白い風船やハイハインといった幼児向けのお菓子に配合されています。しかし、十分な量の乳酸菌を摂るためにはお菓子を大量に食べる必要が。普段お菓子を食べる習慣がない方には辛いため、サプリメントで効率良く乳酸菌K-2を摂り入れましょう。

同じメーカーから乳酸菌K-2のサプリメントも発売されているので、手軽に摂りたい方は試してみるのも一つの手です。

植物性乳酸菌K-2のアトピー効果に関する研究内容

多様な効果を持つ乳酸菌K-2がアトピーを改善する際、どんな仕組みが働いているのでしょうか。ここでは研究論文から乳酸菌K-2とアトピーの関係についてまとめています。

マウス実験でアトピー性皮膚炎が軽減

アトピー性皮膚炎のモデルマウスを使い、K-2が含まれたエサと通常のエサを与えるグループに分けて実験・経過観察しました。

結果、K-2入りのエサを与えたマウスではアトピーのかゆみによるひっかき傷が減り、亀裂や出血が改善されたことが明らかになっています。かゆみを引き起こすIgE抗体の量も調べたところ、およそ半分まで減少していました。

マウスによる実験で、かゆみが軽減されることが確認されたほか、それに伴う症状も抑制。原因からカットするため、より症状が改善しやすくなるでしょう。

ヒト臨床試験でもアトピー症状が緩和

K-2のアトピー改善効果は、ヒトでの臨床試験でも証明されています。

この試験では軽傷~中等のアトピー患者33名を2群に分け、1日200mgのK-2とプラセボを摂取してもらいました。試験後は医師と被験者それぞれに評価してもらい、改善できたかどうかを確認しています。

その結果、被験者・医師ともに症状の改善が見られたとの評価が。このことから、K-2はアトピー性皮膚炎の症状を軽減してくれる効果が期待できます。[注1]

植物性乳酸菌K-2サプリでアトピーに効果があった口コミ

植物性乳酸菌K-2サプリでアトピーに効果を感じなかった口コミ

※これらの口コミはあくまで個人の感想であり効果を証明するものではありません。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献