子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » フェカリス菌EF-2001株とアトピーの関係

フェカリス菌EF-2001株とアトピーの関係

フェカリス菌EF-2001株は悪玉菌を減らして善玉菌を増やす作用があるため、バイオ ジェニックスとしても注目されている乳酸菌です。
そして数ある乳酸菌の中でもっとも免疫力を活性化させる効果が認められています。 こちらではフェカリス菌EF-2001株の特徴やアトピー性皮膚炎への作用、口コミなどについてご紹介します。

フェカリス菌EF-2001株とは

フェカリス菌EF-2001株は、1906年にイギリスの科学者によって発見されたヒト由来の乳酸菌です。
数百種類あると言われる乳酸菌の中でもっとも免疫力を活性化させる作用が高いフェカリス菌EF-2001株の特徴やアトピー性皮膚炎に関する研究内容、口コミなどについてご紹介します。

特徴1:白血球の栄養源を多く含み、免疫力を活性化させる

フェカリス菌EF-2001株は、免疫力を活性化させる物質の総称であるBRM(白血球の栄養源)が豊富に含まれている乳酸菌です。
その為、数百種類以上ある乳酸菌のなかで、ダントツで免疫力を活性化させる効果が高いことが特徴です。
免疫力をアップさせる乳酸菌はあっても、白血球の栄養源まで含まれている乳酸菌はフェカリス菌EF-2001株ただ1つと言えます。
そして腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果もあるので腸内環境を整える効果も期待できます。

特徴2:がん予防やNK細胞活性化作用

フェカリス菌EF-2001株は、免疫細胞の中でも特に「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を活性化させる効果が認められています。
体を守る免疫細胞の中でも特に重要なNK細胞は、免疫細胞の司令塔ともいえる役割をはたしています。
がんやウイルス、細菌を攻撃してくれるとても大切な免疫細胞です。
このNK細胞の働きにより、がん細胞を抑制することでがん予防やインフルエンザなどのウィルス性の感染症を予防することが期待できます。

特徴3:アトピー性皮膚炎の症状改善

フェカリス菌EF-2001株は免疫バランスを調整する効果が認められています。
アトピー性皮膚炎は免疫バランスが崩れることで発症しますので、免疫バランスを整えることがアトピー性皮膚炎の症状改善の近道です。
フェカリス菌EF-2001株の作用によってアレルギー症状も緩和する効果が期待できますので、アトピー性皮膚の症状で悩んでいる人の救世主ともいえる乳酸菌です。

フェカリス菌EF-2001株のアトピー効果に関する研究内容

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能に障害が起こったり、免疫機能の障害などによって発症すると言われています。
乳酸菌の多くは免疫調節機能に対して良い作用をしますが、フェカリス菌EF-2001株は「免疫乳酸菌」と呼ばれるほど高い効果が期待できます。
そんなフェカリス菌EF-2001株のアトピー性皮膚炎に関する研究内容についてご紹介します。

免疫反応のバランスを改善

アトピー性皮膚炎の症状が出ている人の場合、正常な皮膚に比べ「Th1細胞」よりも「Th2細胞」という免疫細胞が多くなっている状態となります。
この「Th2細胞」は「IL-4」や「IL-13」といったタンパク質を量産します。 これらのサイトカインは炎症やかゆみを誘発することによりアトピー性皮膚炎の症状を引き起こします。
フェカリス菌EF-2001株は体の中で免疫機能に作用し、「Th1」と「Th2」のバランスを整える作用があることから、アトピー性皮膚炎の症状を緩和したり改善する効果が期待できます。

アトピー対策にフェカリス菌EF-2001株を含むサプリを服用している人の口コミ

※あくまで個人の感想です。効果を保証するものではありません。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献