子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » ロイテリ菌DSM17938株とアトピーの関係

ロイテリ菌DSM17938株とアトピーの関係

ロイテリ菌DSM17938株は、「ロイテリン」という抗生物質を生産したり、整腸作用、免疫強化などといった特徴がある乳酸菌です。
こちらではロイテリ菌DSM17938株の特徴やアトピー性皮膚炎の効果に関する研究内容、口コミについてご紹介します。

ロイテリ菌DSM17938株とは

ロイテリ菌は、アンデス山脈の自然豊かな環境で生活しているペルー人の母乳から発見された乳酸菌です。
ロイテリ菌DSM17938株は、ロイテリ菌 ATCC 55730株の子株にあたると言われています。
そして、副作用はなく、未熟児や乳児や幼児であっても安全に使用できるため、安全性も高い乳酸菌として知られています。
こちらではそんなロイテリ菌DSM17938株の特徴についてご紹介します。

特徴1:抗生物質「ロイテリン」を量産

ロイテリ菌DSM17938株は、抗生物質の一種である「ロイテリン」を量産するという性質があります。
そのため、ノロウイルスなどの感染症に係りにくくなったり、ヘリコバクターピロリ菌の抑制にも効果があると言われています。
また、ヘリコバクターピロリ菌の除去治療に使用される抗生物質の副作用を抑える効果もあります。

特徴2:免疫機能の強化

ロイテリ菌DSM17938株は、免疫機能に作用し、免疫力を強化する効果が認められています。
実際にロイテリ菌DSM17938株を摂取することで、小腸のCD4陽性Tリンパ球という、さまざまな免疫反応を助けるためのヘルパーT細胞の数が増えていることが実証されています。
健康な人であればまずはかからないような感染症でも、このCD4陽性Tリンパ球の数が減ることで免疫力が低下し、日和見感染症にかかりやすくなってしまいます。
しかし、ロイテリ菌DSM17938株はCD4陽性Tリンパ球を増やす働きがあるため、感染症に対する免疫力や抵抗力を強化することができます。

特徴3:ミュータンス菌の現象

ロイテリ菌DSM17938株は、虫歯の原因菌である「ミュータンス菌」を減少する効果も認められています。
実際にロイテリ菌入りのヨーグルトを使用した実験では、歯の表面のエナメル質に対して有害な作用がないことが検証されています。
また、ロイテリ菌DSM17938株はは口の中で働く乳酸菌ですので、口の中に存在する悪玉菌の数を抑える働きをします。
それによってお口の中の粘着きや口臭といった不快感を減らすことができます。そのため、多くの歯科医師がこの乳酸菌を推奨しています。

ロイテリ菌DSM17938株のアトピー効果に関する研究内容

ロイテリ菌DSM17938株は、免疫力を向上させる効果がありますので、免疫バランスの崩れによって引き起こされる「アトピー性皮膚炎の症状」を緩和させる効果もあります。
こちらではロイテリ菌DSM17938株のアトピー性皮膚炎に関する効果の研究結果についてご紹介します。

アトピー性皮膚炎の子どものサイトカイン生産量の調整

アトピー性皮膚炎は、免疫バランスが崩れることにより、特定のサイトカインが異常に量産されることで引き起こされる疾患です。
主に皮膚の炎症やかゆみといった症状ですが、悪化してしまうと夜も眠れないほどのかゆみに襲われる場合もあります。
栄養バランスに気を付けながら睡眠をしっかりとるということも大切ですが、根本的な原因である免疫バランスを整えることが一番重要です。
ロイテリ菌は、偏ってしまっている免疫バランスを整えることで、生産されるサイトカインのバランスを調整する効果が認められています。
それによって過剰な免疫反応が起こらなくなりますので、アトピー性皮膚炎の症状を緩和することができます。

アトピー対策にロイテリ菌DSM17938株を含むサプリを服用している人の口コミ

※あくまで個人の感想です。効果を保証するものではありません。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献