子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » CJLP133乳酸菌とアトピーの関係

CJLP133乳酸菌とアトピーの関係

CJLP133乳酸菌は、キムチから発見された植物由来の乳酸菌です。
CJLP133乳酸菌はキムチが発酵する過程で生育する乳酸菌なので、酸性が強い環境や塩分が高い環境などの過酷な環境でも耐えられます。
そんなCJLP133乳酸菌の特徴や口コミなどについてご紹介します。

CJLP133乳酸菌とは

CJLP133乳酸菌とは、韓国の伝統的な発酵食品である「キムチ」がら発見された植物性の乳酸菌です。
CJLP133乳酸菌は生命力が強く、腸でしっかりと働くので、嬉しい効果がたくさんあります。
アトピーにも効果があると言われているCJLP133乳酸菌の特徴について順番にご紹介します。

特徴1:過酷な環境で生き抜く生命力が強い乳酸菌

キムチと言えば辛味や酸味、塩味が多いので、乳酸菌にとって過酷な環境ともいえますが、CJLP133乳酸菌はそんな過酷な環境でも生育するため「生命力が強い乳酸菌」としても知られています。
ヒトの体に摂りこまれたあと、多くの乳酸菌は胃酸の力で死んでしまいますが、生命力の強いCJLP133乳酸菌なら胃酸や消化液にも負けないので、生きたまま腸へ届きます。
腸でしっかりと働くので、プロバイオティクスの効果も実感しやすい特徴があります。

特徴2:腸疾患や免疫疾患の予防や治療に効果

CJLP133乳酸菌を発見した「シージェイジャパン」という会社は、韓国だけでなく台湾や日本でも特許を取得しています。
その効果としては、「腸疾患や免疫疾患の予防や治療に効果がある」という点です。
実際に生後12ヵ月から13歳までの子ども118人を対象に、CJLP133乳酸菌を摂取するグループとCJLP133乳酸菌を摂取しないグループに分けて比較や分析をした際、CJLP133乳酸菌を摂取した子どもたちは、敏感肌の指針である「SCORAD」のコアが下がり、敏感肌に効果があるという検証結果があります。

特徴3:副作用がなく子供にも安心

いくらアトピーに効果があると言っても子どもに害があるのでは与えることができませんが、CJLP133乳酸菌は副作用がないため、子供が摂取をしても安心です。
副作用がなければ 子どもの年齢や体質、持病などを考えずに積極的に与えることもできます。

CJLP133乳酸菌のアトピー効果に関する研究内容

アトピー性皮膚炎は、体の中の免疫バランスが崩れ、免疫細胞が過剰に作用することで発症します。
その為、対処療法である塗り薬などではなく免疫バランスそのものを整えることで症状を緩和することができます。
CJLP133乳酸菌は、アトピー性皮膚炎に効果があることでも知られていますが、具体的にはどのようにしてアトピー性皮膚炎の症状を緩和したり、かゆみなどを予防 できるかについてご紹介します。

アトピーの症状が緩和

キムチから分離したCJLP133乳酸菌は、生きたまま腸へ届き、腸内環境や偏っていた免疫バランスを整える効果が認められています。
それによって、アトピー性皮膚炎の原因と言われる「症状を誘発するたんぱく質の過剰生成」を抑えられ、結果として症状が緩和されます。
また、免疫が強化されますので、アレルギーなどの症状も同時に緩和する作用があります。

アトピー対策にCJLP133乳酸菌を含むサプリを服用している人の口コミ

※あくまで個人の感想です。効果を保証するものではありません。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献