子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 乳酸菌のアトピー改善効果 » ビフィズス菌Bb-12とアトピーの関係

ビフィズス菌Bb-12とアトピーの関係

腸内環境を改善し、免疫機能を高めてくれる効果があるとされているビフィズス菌Bb-12。アトピー性皮膚炎に関係のある研究論文から、症状を和らげるメカニズムに迫ります。Bb-12の含まれているサプリを飲んでいる人の評判もまとめているので、気になる方は参考にしてください。

Bb-12とは

Bb-12は主に大腸の中で活動し、腸内環境を改善する効果を持つビフィズス菌です。正式名称は、ビフィドバクテリウム属ラクティス種Bb-12株。Bb-12は、体の免疫力を強化する働きがあり、アトピー性皮膚炎などのアレルギー反応を和らげる効果が期待できます。

腸内環境の改善に最適なビフィズス菌。

Bb-12は、酸に強いという特徴を持っています。胃酸と同じpH 2.0の強い酸でも影響を受けることなく、生きたまま腸まで届けることが可能。たくさんのビフィズス菌が腸まで届くことによって、腸内環境を改善できます。

さらにBb-12株は乳酸菌ではなく、ビフィズス菌。主に小腸や大腸で働き、腸内の悪玉菌を減らしてくれる酢酸を作り出します。そのため、腸内の悪玉菌が減少し、善玉菌が増加。腸内環境が改善されます。その結果、お通じの改善や代謝アップが起こり、肌荒れの改善が期待できるのです。

免疫力をアップさせる効果を持っている

小腸は体の中の免疫細胞が50%以上も集まっている臓器です[注1]。そのため腸内環境を改善することで、花粉症やアトピー性皮膚炎など、体内の免疫細胞と深い関わりがある疾患の改善が期待できます。

臨床試験で抗アレルギー作用や感染を防御する作用が分かっているビフィズス菌。その中でもBb-12は、腸壁にある免疫細胞を刺激し、体の免疫力をアップしてくれることが報告されています。

さらに、全身の細胞を調節してくれる作用があることから、アトピー性皮膚炎の炎症を緩和してくれるビフィズス菌といえるでしょう。[注2]

Bb-12株を体内に摂り入れる方法

Bb-12は、ヨーグルトとして多くのメーカーから発売されており、生きたまま腸に届くビフィズス菌として利用されています。Bb-12が含まれているヨーグルトには、効能の高さから特定保健用食品に指定されているものも。

Bb-12とパッケージに記載されている商品であれば、Bb-12をしっかり体内に摂り入れることができるでしょう。

Bb-12のアトピー効果に関する研究内容

ビフィズス菌の一つ、Bb-12がどのようにアトピー性皮膚炎の症状の緩和させるのか、そのメカニズムを研究論文から見ていきます。

Bb-12を治療目的で摂取する実験

平均月齢4.6ヶ月のアトピー性皮膚炎患者に与える食事を、母乳から乳清の高度水解物に変えて実験を行ないました。Bb-12を与えたグループ、LGG乳酸菌を与えたグループ、何も与えなかったグループに分けて、2ヵ月後の症状の変化を測定。

すると、Bb-12、LGG乳酸菌を与えた2つのグループは、アトピー性皮膚炎の症状が軽減されたことが分かりました[注3]

Bb-12をアトピーの摂取した実験結果

Bb-12のみの摂取しかしていない乳幼児のアトピー性皮膚炎の症状が改善されたことから、Bb-12にはアトピー性皮膚炎の症状を軽減させる効果が示されました[注3]

同じプロバイオティクスのLGG乳酸菌を摂取したアトピー性皮膚炎の患者も症状が軽減しています。このことから、プロバイオティクスのビフィズス菌や乳酸菌を摂ることで、アトピー性皮膚炎を改善することが可能です。

腸内フローラを改善するとアトピーの症状が良くなる

Bb-12は腸内フローラのバランスを良くすることで、免疫機能を調整してくれることが分かっています。腸壁のパイエル板に存在する腸内免疫の主体「IgA抗体」の産生を促し、全身炎症の抑制や慢性炎症の軽減をしてくれます。

アトピー性皮膚炎の患者は、腸内フローラのバランスが崩れていることが多いとのこと。腸内環境を改善することによりアトピーの症状が軽減されることが分かっているため、腸内環境の改善がアトピーの解消につながるといえるでしょう。[注2]

アトピー対策にBb-12を含むサプリを服用している人の口コミ

※あくまで個人の感想です。効果を保証するものではありません。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献