子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 水素のアトピー改善効果

水素のアトピー改善効果

ここでは、水素がアトピーに効くとされている理由やメカニズムについて、現時点で分かっていることを解説しています。副作用のないアトピー予防をお探しの方はご一読ください。

水素のアトピー対策効果

現在、アトピー性皮膚炎を改善するためにステロイド薬や抗アレルギー薬、免疫抑制薬が使われていますが、これらは一時的に症状を抑えるもの。

しかも、これらの薬剤には強い副作用を引き起こすものがあります。場合によっては白内障や緑内障、骨粗しょう症、低身長などの重大な副作用が起きるリスクがあり、それを承知の上で使わなくてはならないのが現状です。アトピーを根本的に完治させる薬は未だあらわれていません。

そんな中、これら強い薬剤を使わずにアトピー性皮膚炎の症状を緩和する方法のひとつとして、水素水が注目されています。過剰なアレルギー反応を抑えるといわれる水素水の特徴からその効能を紐解いていきましょう。

免疫細胞の働きをコントロール

水素水には過剰なアレルギー反応を抑制してくれることがわかっています。アレルギー反応は、血管が拡張したり収縮したりすることで皮膚にかゆみや炎症を起こしますが、そのはたらきには窒素濃度が関係しています。

これまでの研究で、水素分子が免疫細胞の働きをコントロールして過剰な反応を抑えてくれることがわかりました。今後さらに水素の研究がすすめば、水素を利用してかゆみを起こす細胞を直接制御できるようになるのではと考えられています。[注1]

悪玉活性酸素を除去してくれる

水素の分子は活性酸素に化学反応を起こし、無害な水に変える特性があります。この「毒素を浄化する」性質を利用して、アトピーのアレルギー反応が改善されるというわけです。

アトピー体質の人はアレルギー物質に対して過剰に免疫反応が出てしまっている状態。活性酸素が体内で増加すると免疫力が低下するため、アレルギーのコントロールができなくなってしまいかゆみなどの反応が起こってしまいます。

これを解消するためには抗酸化力を高めて悪玉活性酸素を除去し、免疫力を上げなくてはなりません。活性酸素を取り除く水素を体内に取り入れることで抗酸化作用が上がり免疫力が向上し、その結果アトピーの改善につながると理論づけることができます。

水素をとり入れればアトピー性皮膚炎が完治するわけではありませんが、免疫力を上げることができれば皮膚のバリア機能も高まるため、自分自身で肌を守ることができるようになるのです。[注2]

治療薬ではなくあくまでも「分子」の作用

現段階で水素は薬として許可されているわけでなく、あくまでも「分子」です。水素が溶け込んだ「水素水」に関しても特定の疾患が治療に有効と言えるわけではありません。

しかし、世界中で水素による病気の予防や治療に関する研究が進められており、アトピー性皮膚炎の改善に影響を及ぼすことがわかってきています。今後さらに研究がすすめば、アトピーの症状だけでなく根本的な治療に役立つメカニズムが解明されるかもしれません。

水素のアトピーへの効果に関する研究

水素がアトピーへもたらす効果に関する研究が各方面で進められています。ここでは、アトピーと水素の関係性について研究された学術論文や研究発表からアトピーと水素の効果について考察していきましょう。

「水素豊富水投与によりマウスのアトピー性皮膚炎が改善される」[注3]

以下、翻訳文引用

表題:Positive effects of hydrogen-water on 2,4-Dinitrochrlorobenzene-induced Atopic Dermatitis in NC/Nga Mice

『アトピー性皮膚炎(AD)は、アレルギー性炎症に伴う慢性的に再発性の掻痒性湿疹性皮膚疾患である。 ADは、酸化ストレスおよび免疫不均衡によって誘発される。

本研究では、NC / Ngaマウスの2,4-ジニトロクロロベンゼン(DNCB)誘発アトピー性皮膚炎に対する水素水(HW)の飲水効果を調べ、HWがDNCB誘発AD様臨床症状を改善することを見出した。

これに伴い、HW群の活性酸素種は精製水(PW)群と比較して有意に抑制された。並行して、HWは、DNCB誘発ADにおけるグルタチオンペルオキシダーゼ活性を、PW群と比較して増強した。したがって、胸腺および活性化調節ケモカインおよびサイトカインのレベルは、PW群と比較してHW群で有意に減少した。

注目すべきことに、HW給餌マウスにおけるTh2サイトカイン、インターロイキン5(IL-5)、および炎症性サイトカイン、例えば腫瘍壊死因子-αおよびIL-6のレベルは、コントロールマウスおよびPW摂食マウスより有意に低かった。

総血清免疫グロブリンEレベルも、HW群で著しく減少した。総合的な結果は、HWがレドックスバランスおよび免疫調節を介してNC / NgaマウスにおけるDNCB誘発ADを抑制し、ADのための安全な臨床的流体処置であり得ることを示す。』

マウスを使った試験でアトピー性皮膚炎の症状改善が見込まれた

マウスを使った実験によると、アトピー性皮膚炎を発症しているマウスに水素水を経口投与したところ、皮膚炎が改善されたという研究結果が発表されました。この研究では、化学物質によってアトピーを発症したマウスを2グループに分けて、一方には水素水を与え、もう一方にはとくに水素を与えずに観察したものです。

水素水を与えられたマウスは「サイトカイン値」の大幅な減少が見られました。

サイトカインとは異物が外部から体内に侵入してきた際に、アレルギー反応を起こすたんぱく質のこと。この値が大きいほど皮膚炎などのアレルギー反応が起きやすいとされています。

実験では水素水を与えられたマウスのサイトカイン値が下がりました。この結果から、水素水を飲むことでアトピー性皮膚炎の症状が緩和される可能性があるということが分かりました。この研究がさらにすすめば、今、ステロイドや抗アレルギー薬などの薬剤を使わずに水素だけでアトピーの症状を緩和できる日が来るかもしれません。

水素サプリを活用したアトピーさんの口コミ

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献