アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » DHA・EPA

DHA・EPA

生活習慣病の改善や頭の回転が良くなると言われるDHA・EPA。青魚に多く含まれており、アトピー性皮膚炎の症状を抑える効果が期待できる成分です。専門の機関や大学の研究部が行なった研究では、アトピーの治療にも効果があることが判明しています。ここではDHA・EPAとアレルギー物質の関係性とDHA・EPAサプリの利用の口コミについてまとめました。

アトピーの方にオススメしたいサプリメント成分「DHA・EPA」

DHAと言えば「頭が良くなる」として話題になりましたよね。EPAは「中性脂肪を下げ、生活習慣病を予防する」として今でも人気の高いサプリです。それらとアトピーは全く関係ないような…。

そもそもアトピーが起こるのは、体内に入ってきたアレルゲンが体内のIgE抗体という物質と結合することで、アレルギー症状を引き起こす化学物質を作ってしまうから。

健康な人の体内には、IgE抗体はわずかしかありませんが、アトピー・アレルギー持ちの場合はIgE抗体を作りやすい体質になっているため、過剰な反応が起こるのです。

そこで働くのがDHAとEPA。これらは、アレルギー症状を引き起こす化学物質が作られるのを抑制する働きがあるため、摂取していれば表面に現れてくるアレルギー反応が少なくなるのです。そうすることで、同じく炎症を抑えるビオチンの効果を高める働きをします。

また、EPAには皮膚を厚く丈夫にする効果があり、皮膚表面からのアレルギー物質進入を防ぐ役割もありますので、積極的に摂取するのをオススメします。

DHAのアトピーに対する効果についての研究

マルハ中央研究所と東北大医学部の共同研究によると、アトピー性皮膚炎の方に1日400~900mqのDHAを14週間内服させところ、「かゆみ」や「湿疹」、「赤み」などの症状が緩和したという結果が出ています[注1]。 この結果から、DHAはアトピー性皮膚炎の改善の効果を期待できる成分だと言えるでしょう。

さらに、徳島大学大学院医歯薬学研究部の研究グループが、DHA・EPAのアトピー性皮膚炎に対する治療効果をマウス実験で検証しています。DHA・EPA含有軟膏とタクロリムス軟膏を併用した時とタクロリムス軟膏だけを使用した時を比べて、アトピーの治療にDHA・EPAが関係するのかを確認する実験です。

その結果、DHA・EPA含有軟膏を併用した時の方が、アトピー性皮膚炎の抑制することが判明しました[注2]。つまり、DHA・EPAはアトピー性皮膚炎の抑制をサポートする働きを持っているのです。

DHAの摂取量

厚生労働省では、18 歳以上になると1日に1,000mg以上のDHA・EPAの摂取が望ましいとされています[注3]。DHA・EPAを1,000mg摂取するには、魚を約90g以上食べないといけません。刺身の場合トロだと2~5切れ、ハマチで3~5切れが必要です。脂がのっている方がDHA・EPAの含有量が多いため、できるだけ旬な魚を食べるようにしましょう。

また、DHA・EPAは焼く・煮るなどの調理をすると20%も流れ出てしまいます。そのため、調理せず生で食べられる刺身がおすすめです。

DHAの副作用

DHA・EPAを過剰に摂取し続けた場合、吐き気や下痢、鼻血などの副作用を発症するリスクが高くなります。DHA・EPAは血液をサラサラにして血栓をできにくくする作用を持っているため、血液凝固阻止剤を服用している方や出血が止まりにくい傾向のある方は要注意。医師と相談して摂取量を決めると良いですよ。

また、血圧低下作用もあるので、血圧を下げる薬を服用している方は薬の相乗効果で下がりすぎてしまうことも[注3]。そのため、過剰に摂取しないように気を付けましょう。

食生活を改善しよう

ここ十数年で、アレルギーやアトピーの患者は非常に増えています。その原因は、食生活の変化。昔は魚や野菜中心の食事でしたが、肉・脂・製品を摂取する機会がぐっと増え、DHAやEPAなどのアレルギーを抑制する脂肪酸を摂取しなくなってしまったのです。

そこでDHAやEPAをサプリメントで摂取したところ、50%のアトピー患者が改善したという例もあるんですよ。サプリメント摂取や肉中心の食生活を改善するなど、様々な工夫でDHA・EPAを摂取するのが良いようです。

ただ、摂取のしすぎには注意してください。体内で余ってしまったDHA・EPAは過酸化脂質というものに変化してしまい、これは体を刺激してしまいアトピーを逆に悪化させたり、ガンになりやすくなってしまったりと何一ついいことがありません。

サプリメントを使っている方は、その日の食事内容を考えて必要な分だけを摂取するようにしてください。

DHAサプリ愛飲者からの口コミ

このように、DHA・EPAを摂取することでアトピーの症状緩和に作用するのではと言われており、対策としてサプリメントを使用している人もいます。

当然個人の体質や症状などによって感じる効果はそれぞれですので、効いたという人もいれば、特に効果を感じなかったと言う人もいるものです。そのため参考程度になりますが、サプリメント愛用者の声を集めてみました。

アトピーに効果があった!口コミ紹介

10代の頃からひどいアトピー性皮膚炎に悩んでいました。色々な方法を試しましたが、どれも期待する効果を得られず「もうダメかも…」と諦めかけていた時に出会ったのが、DHAサプリです。初めは半信半疑でしたが、サプリを飲むうちに症状が少しずつ改善してきました!これまでずっとかゆかった腕や顔のアトピーがなくなったので、DHAサプリを試してみて本当に良かったと思います。

DHAサプリを飲み始めて数週間経つとこれまでかゆかった腕のアトピーが少しずつ改善しました!1ヵ月が経ちましたが、まだ腕に赤みがありますがかゆみはほとんどありません。今ではDHAサプリを飲み続けて1年近くになります。そのおかげで、腕だけではなく足や首などのアトピーも徐々に改善してきました。特に顔にあったアトピーのかゆみと赤みがなくなり、本当に良かったです。

一人暮らしで魚を食べる機会が少ないので、サプリに頼ることに。飲み始めて1週間ですが、顔周りにできていた乾燥性のふきでものが小さくなり、肌がしっとりしてきた感じがします。生理前にはいつもアトピーがひどくなり、肘裏などに症状が出てしまうんですが、今回はほとんど症状が現れませんでした!

特に効果を感じなかった、という口コミ

うちの子は割と重めの症状を持ったアトピーっ子です。病院の先生から試してみればとすすめられDHAのサプリを1ヵ月ほど飲んでみましたが、特になにという効果はないかなという印象です。

この記事を作るのに参考にしたサイト・文献