子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » 酵素のアトピー改善効果

酵素のアトピー改善効果

ここでは、酵素がアトピーに効くとされている理由やメカニズムについて調べました。研究により解明された科学的な根拠から、効果の可能性を探っています。

酵素のアトピー対策効果

アトピーを改善するには、カビや化粧品などの外的な要因を避けることも大切ですが、ストレスを溜めない毎日や規則正しい生活習慣で、身体の内側で起こるアトピーの要因についても解消しなくてはなりません。

ここでは、酵素の特徴からアトピーを和らげる可能性のある効能について調べてみました。酵素がアトピーの症状を改善するのは腸内の活動が大きく影響しているようです。

酵素を摂ると効率的に善玉菌を増やしながら腸内の環境を改善すると言われています。それがアトピーにどのように作用するのかを詳しく解説していきましょう。

免疫を改善する善玉菌を増やす

腸内は、もっとも能力が高い免疫システムと呼ばれており、腸内の環境を改善することでアトピーの症状を抑えることができると言われています。

そこで役立つのが善玉菌です。善玉菌を増やすことで腸の働きが活発になり、腸の免疫機能が正常に働くようになるのです。善玉菌を増やすのに役立つのが酵素。酵素を積極的に摂れば善玉菌を効率的に増やすことができ、腸内の免疫機能を回復することができます。

そのためには野菜やフルーツ、味噌や納豆などの発酵食品を積極的に摂ることが大切です。ただし酵素は熱に弱いため、生きた酵素を摂るためには生野菜を多く食べるなど、食べ方や調理方法に気をつけなくてはなりません。

酵素は代謝や消化、排せつの際に必要となる必須の成分です。また、身体にストレスがかかった際にも多く消費されると言われています。毎日の生活で酵素が不足しないためにも、酵素を多く含む食品を意識的に摂って腸の動きを活発にしながら、ストレスからも身体を守りましょう。

血液の循環を良くして体質を改善

体内から酵素が不足すると善玉菌の活動が弱くなり、免疫機能がうまく働かなくなってしまいますが、その理由のひとつに血液の循環不足が挙げられます。腸内環境が良くないと、たんぱく質が分解されない状態で腸の壁から血中に入り込み、血液の循環が悪くなってしまうのです。

血液循環が悪くなるとアトピーのようにかゆみや炎症を引き起こしやすくなる要因に。腸の免疫バランスを保つためにも、血液の循環を良くしなければアトピーの体質は改善されません。

十分な酵素を摂り入れれば腸内環境が改善され、全身の血液がきれいになります。血液がキレイな状態だと肌の状態も安定し、かゆみや炎症を引き起こしにくくなるというわけです。血液の循環は免疫力の向上だけでなく、正しい代謝にも関わります。

十分な酵素を摂り入れることで体内の血液循環が良くなり、免疫力や代謝を高めてくれます。

酵素は本来体内にもある成分ですので、酵素を摂るだけでアトピーが完治するというわけではありませんが、酵素を多く摂取することでアトピーやアレルギーになりにくい強いからだを目指せると言われています。

酵素のアトピーへの効果に関する研究

酵素のアトピーに関する研究が各方面ですすんでいます。ここでは、さまざまな研究結果から酵素がアトピーを改善する効果について考察してみました。

アトピー性皮膚炎の皮膚病変部より検出されたStaphylococcus aureusの毒素・酵素産生性の検討[注1]

以下、翻訳文引用

アトピー性皮膚炎患者の皮膚病変部より分離されたStaphylococcus aureusの各種毒素・酵素産生性の検討を行い伝染性膿痂疹,dv・dv腫症由来株との比較を行った。

  1. Enterotoxin,toxic shock syndrome toxin-1産生性 Enterotoxin(SE),toxic shock syndrome toxin-1(TSST-1)のうち1つ以上の毒素を産生する株は伝染性膿痂疹由来株で10/30株(33.3%),dv・dv腫症由来株で20/23株,(87.0%),アトピー性皮膚炎由来株で101/149株(67.8%)であった。
    dv・dv腫症由来株ではSEA産生株を18/23株,(78.3%)に認めた。アトピー性皮膚炎由来株ではSEB産生株を80/149株(53.7%),SEA産生株を23/149株(15.4%)に認めた。SEBを産生するS. aureus80株中72株(90%)はそのtiterが16倍以上と比較的高力価産生株であった。
  2. カゼイン分解酵素活性 伝染性膿痂疹,dv・dv腫症由来株では40株すべてが酵素活性を認めた。アトピー性皮膚炎由来株では129/141株(91.5%)に酵素活性を認めた。
  3. API ZYMを用いた各種酵素産生性 伝染性膿痂疹,dv・dv腫症,アトピー性皮膚炎由来株とも酵素産生性に差は見られなかった。
  4. 皮膚症状が重症のアトピー性皮膚炎症例より分離した7S. aureusのα,β,δ毒素産生性 α毒素は20/20株(100%),β毒素は12/20株(60%),δ毒素は17/20株(85%)に認められた。

以上のごとくアトピー性皮膚炎の皮膚病変に定着したS. aureusはSE,特にSEBなどのスーパー抗原およびα,β,δ毒素を高頻度に産生した。皮膚病変部で産生されたこれらの毒素がアトピー性皮膚炎の増悪にどのように関与しているかは今後の課題である。

岡山大学医学部の研究によると、カゼインによるアレルギー性皮膚炎の症状を持つ皮膚に対しカゼインの分解酵素を加えたところ改善が見られたことから、酵素がアレルギーやアトピーの症状に何らかの影響をもたらす可能性が高いということが分かっています。今後さらに研究がすすめば、酵素がアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎を完治させる日がくるかもしれません。

血液中のアレルギー原因数値が低下

絹タンパク質由来ペプチドのアトピー性皮膚炎症状緩和効果とその作用機序の解明[注2]

総括引用

絹タンパク質を Papain によって消化することによって得られるペプチドにアトピー性皮膚炎症状を抑制する新たな機能性を見出した。Papain によるシルクペプチドを精製し、機能性ペプチドの候補を同定し、それらの構造を基に合成した 4 種のペプチド標品に IgE 産生抑制活性が認められたことから、グリシルアラニン (GA) をモチーフとした低分子量ペプチドが IgE 産生抑制活性をもつと結論した。それらペプチドによるアトピー性皮膚炎緩和効果は、IL-4 産生を抑制し、IFN-γ産生を促進し、Th1/Th2 バランスを Th1 優位に改善することで、IgE 産生を抑制すると推察された。また、臨床試験からシルクペプチドはヒトのアトピー性皮膚炎症状緩和効果を有することを明らかにした。

アレルギー性皮膚炎を持つマウスに絹タンパク由来の酵素を与えたところ、アレルギー体質の指標となるIge抗体の数値が低下したことから、酵素を摂取するとアレルギー体質を改善することが分かりました。このことにより、体内の酵素量とアレルギー体質には大きな関わりがあることがうかがえます。

酵素サプリを活用したアトピーさんの口コミ

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献