子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ » Dアミノ酸のアトピー改善効果

Dアミノ酸のアトピー改善効果

体を構成する成分として重要な役割を果たすアミノ酸にはいくつかの種類がありますが、ここでは「Dアミノ酸」についてまとめました。

Dアミノ酸の効果に関する研究や、アトピーの人にどのような作用をもたらすか、紹介していきます。

Dアミノ酸とは

アミノ酸は分子内にアミノ基とカルボキシル基を持つ化合物の総称です。体をつくるために必要な20種類のアミノ酸のうち、グリシンを除くすべてのアミノ酸には鏡合わせのような構造が存在。それぞれL体、D体と呼んで区別しています。このうちD体に分類されるアミノ酸がDアミノ酸と呼ばれるものです。

アミノ酸の中で体の元になる体たんぱくを構成するアミノ酸はすべてL体でできています。これまでDアミノ酸は自然界には存在しないと思われていました。

しかし、近年の研究技術の発達によって、微生物や高等生物の生体内におけるDアミノ酸の存在が明らかになっています。それだけでなく、普段口にしている食品にも含まれているという研究結果も出てきました。

アミノ酸と味覚については、昆布のうまみ成分として知られるグルタミン酸が広く知られています。逆を言うと、グルタミン酸以外に多くあるアミノ酸の味についてはほとんど認知されていないのが現状です。

鏡合わせのように存在するLアミノ酸とDアミノ酸ですが、2つのアミノ酸は味が大きく異なります。Lアミノ酸の多くは苦みを持ちますが、反対にDアミノ酸では甘味を持つものがほとんど。

食品の味覚にどの程度影響を与えるかは研究が続けられていますが、いまのところ確かな結果は出ていません。

Dアミノ酸の効果に関する研究

肌機能の向上

アミノ酸の中でも人の体に影響を与えないと考えられていたDアミノ酸ですが、資生堂と九州大学が開発した「D、L-アミノ酸高感度一斉分析装置」による研究[注1]で、少ない量でも重要な機能を果たすDアミノ酸の存在が証明されました。

同研究で着目したアミノ酸はD-アスパラギン酸。肌に存在しているD-アスパラギン酸には、肌に弾力やハリを持たせるコラーゲン(I型)を作り出し、肌機能の低下を招く酸化を防止する機能があることがわかりました。

しかし、D-アスパラギン酸は幼少期には角層に多く存在しますが、加齢とともにその数は減少していくものです。そのため、積極的に摂取したい成分の1つといえます。

D-アスパラギン酸が多く含まれる食品としてあげられるのがチーズや黒酢といった発酵食品です。その中でも、発酵と熟成の方法に自然の力を利用したカメ壺仕込みの醸造方法を用いた玄米黒酢は、群を抜いて多くのD-アスパラギン酸を含んでいました。

この食品を液状にして3カ月間飲用を続けた結果、角層中のD-アスパラギン酸が増加。経口摂取でもしっかり肌へとD-アスパラギン酸が届いていることが証明されました。

以上の研究結果から酸化防止作用と肌の弾力、ハリを持たせる効果が期待されています。

Dアミノ酸の味覚について

肌機能とは別軸で研究が進められているのが、Dアミノ酸が味覚に与える影響についてです。たんぱく質を構成するLアミノ酸とDアミノ酸ではそれぞれ別の味覚になるという研究が進んでおり、Dアミノ酸の1つであるD-グルタミン酸においては日本酒を用いた研究[注2]の結果があります。

人の感覚を用いて製品の品質を評価する官能試験では、141種類の日本酒のうちD体のD-アラニン、D-アスパラギン酸、D-グルタミン酸が含まれている日本酒が好評価を得ました。

Dアミノ酸の添加について

2017年現在、Dアミノ酸のうち食品添加物として認可されているのはD-アラニン、メチオニン、スレオニン、トリプトファンの4種類のみ。さらにこの4種類もD型単独での使用が認められておらず、L型と合成されたDL型のみでの添加しか認められていません。

Dアミノ酸の直接添加が難しい中で、どうすればDアミノ酸を摂取できるのかが研究されています。最も注目を浴びているのは、Dアミノ酸を多く含む発酵食品群。発酵微生物によって生産されていると考えられるDアミノ酸は、発酵に適した気候の日本でさらに研究が進んできました。

今後Dアミノ酸をもっと効率的、効果的に摂取できる製品が開発されるのもそう遠くないでしょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献