子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ

アトピーへの効果が示唆されている成分まとめ

ここでは、論文などによりアトピーへの効果が示唆されている成分を紹介します。※紹介している口コミはあくまで個人の感想であり、効果を示すものではありません。

乳酸菌

乳酸菌とは、腸内環境を整えてくれる善玉菌の代表格。ヨーグルトやチーズなどの乳製品や、漬け物、味噌、しょうゆなどの発酵食品に多く含まれています。

一口に乳酸菌と言っても、その中に数多くの種類があり、各種類ごとに効果には個性があります。

アレルギーの原因に作用することが分かっており、アトピーの症状に効果的といえるでしょう。食品メーカーから、さまざまなサプリメントが販売されています。

乳酸菌のアトピー改善効果に関する研究内容

・ヨーグルトという食品の形でアトピー性皮膚炎の効果について我が国でヒト試験を実施したところ、アトピー症状軽減効果が認められたのである。
・アトピー患者89名を対象にして、1カ月間、GG株で作製された発酵乳飲料を 1 日 200 ml飲んで、飲用前と後のアトピー性皮膚炎の症状について、患者自身の実感で改善効果について評価したところ、89 人中 32 人(36%)の人に皮膚症状の改善がみられたのである。

(※参考元:辨野義己『ヨーグルト生活で「腸キレイ」』毎日新聞社,2005年より)

乳酸菌を服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対する乳酸菌の効果について>

ビオチン

ビオチンとは、ビタミンB群に属する成分のことです。皮膚炎を治す作用があることから、アトピーに効果があると示されています。

またアトピー性皮膚炎の人の血中のビオチン量は、基準値より低くなりがちなので、それを補うためにもビオチンのサプリメントは有効だといえるでしょう。

ビオチンのアトピー改善効果に関する研究内容

・アトピー性皮膚炎の患者で血清ビオチン濃度が半分以下に下がっていることが報告されています。
・掌蹠膿疱症性骨関節炎や乾癬、アトピー性皮膚炎がビオチンの大量投与によって改善が見られる例があり、ビオチンの免疫機能やアミノ酸代謝への関与が考えられている。

(※参考元:「ビタミン広報センター「ビオチンの役割と健康への影響」」より)
(※参考元:「日本人の食事摂取基準(栄養所要量)の策定に関する基礎的研究 平成16年度~18年度 総合研究報告書」より)

ビオチンを服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するビオチンの効果について>

セラミド

セラミドとは、皮膚の細胞同士の間にある脂質のことです。体内の脂質の半分以上を占めていて、体内には欠かせない成分です。

アトピーでカサカサになった肌にセラミドのクリームを塗ることで、うるおいを補い、細菌などの外的から肌を守ってくれます。

セラミドのアトピー改善効果に関する研究内容

8%合成疑似セラミドクリームは天然セラミド2の類縁体を含有し、角質細胞間脂質の減少した皮膚に外用することにより、角層の乾燥、落屑やバリアー機能を改善することが期待される。
今回我々はアトピー性皮膚炎患者の乾燥皮膚に対し本クリームを外用し、その臨床症状と水分保持能、経皮水分喪失量が改善するかどうかをヘパリン類似物質含有軟膏と比較検討した。
調査対象はアトピー性皮膚炎患者29例で、前腕皮膚の外用により、皮膚所見·角層機能を含む総合効果判定において86%で有用性を認めた。

(※参考元:「中村 哲史氏ら「アトピー性皮膚炎に対する合成疑似セラミドクリームの有用性及び安全性の検討」」より)

セラミドを服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するセラミドの効果について>

亜鉛

亜鉛は、体内の酵素を働かせるために必要不可欠な成分。亜鉛が不足すると体のあらゆる機能が低下し、成長障害を引き起こすこともあります。

また、亜鉛は体に有害なミネラルの吸収を防ぎ排出を促進します。さらにかゆみの物質であるヒスタミンの生成を抑制する作用もあることから、アトピーに効果があると考えられています。

亜鉛のアトピー改善効果に関する研究内容

・アトピー性皮膚炎では広範囲に皮膚炎を生じ、落屑として表皮が剥がれ落ちるため、亜鉛の喪失量が多いと考えられる。
・重症のアトピー性皮膚炎の患者さんに亜鉛を投与したところ、33 名中 30 例に効果が見られた。
・難治性のアトピー性皮膚炎の治療に安全で、効果の高い治療法と考えられる。

(※参考元:「有沢祥子氏「アトピー性皮膚炎の亜鉛補充療法」」より)

亜鉛を服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対する亜鉛の効果について>

プラセンタ

プラセンタは、英語で胎盤のことです。胎盤はお母さんの体から胎児へ栄養を送る器官ですが、大人の体に対しても障害修復・再生機能を有するとされています。

アトピーの症状によって破壊された皮膚の細胞の増殖にプラセンタは効果を発揮します。

プラセンタを服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するプラセンタの効果について>

ルイボス

ルイボスとは、南アフリカの山脈地帯に自生する植物のことです。ルイボスティーには、活性酸素分解酵素が豊富に含まれており、体内の毒素を体の外に出すデトックスの機能を持ちます。

アトピーによる肌トラブルの改善や健康な体づくりに効果を発揮します。

ルイボスを服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するルイボスの効果について>

DHA・EPA

DHAやEPAには、アレルギー症状を引き起こす化学物質の生成を抑える働きがあるとされています。

またEPAは角質層を厚くし皮膚を丈夫にする効果があり、アレルゲンなど細菌の侵入を防ぐ役割もあります。

DHA・EPAを服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するDHA・EPAの効果について>

Dアミノ酸

アミノ酸の構造体のひとつであるDアミノ酸。生物の体内にあるほとんどのアミノ酸はLアミノ酸で構成されており、Dアミノ酸は存在しないと考えられていました。

しかし、科学の進歩により研究が進み生物からもDアミノ酸を発見。現在は肌にハリや弾力を与えてくれる成分として注目を浴びています。

(参考元:株式会社資生堂「資生堂、D-アミノ酸に美肌効果を発見」より)

Dアミノ酸を服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するDアミノ酸の効果について>

ビタミンC

ビタミンCとは、水に溶ける性質を持った水溶性ビタミンのひとつ。人の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンをつくるのに欠かせない成分です。

ビタミンCを摂ることで皮膚や粘膜の健康を維持できるだけでなく、ストレスに対する抵抗力を強め鉄を吸収しやすくします。

ビタミンCのアトピー改善効果に関する研究内容

・ビタブリッドジャパン社製のビタミンC製剤を軽~中度のアトピー性皮膚炎患者5名に8週間塗布し続けたところ、2名にかなりの改善が見られた。

(※参考元:「松岡黎治ほか5名『ビタブリッドCスキンはアトピー性皮膚炎に効果あり』第64回北海道薬学大会

ビタミンCを服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するビタミンCの効果について>

ビタミンD

ビタミンDは脂溶性のビタミンであり、体の中に取り込んだカルシウムを吸収し、骨を作り出す働きに深く関わっている成分。紫外線によって人間の体内で作られる唯一のビタミンです。

研究によって、体内の免疫のバランスを良好に保ち、健康を維持してくれるビタミンであることが分かっています。

ビタミンDのアトピー改善効果に関する研究内容

107人の小児の平均年齢は9歳(SD 5)であり、59%は男性であった。AD発症年齢の中央値は3ヶ月(四分位範囲は2ヶ月〜1年)であり、ベースライン21(SD 9)での平均EASIスコアであった。1ヵ月のフォローアップデータは、104人(97%)の子供に利用可能であった。
プラセボと比較して、1ヵ月間のビタミンD補給は、EASIスコアの臨床的および統計的に有意な改善をもたらした(調整平均変化:それぞれ-6.5対-3.3、P=.04)。さらに、Investigator's Global Assessmentの変更は、プラセボよりもビタミンDを好んだ(P =.03)。いずれの群にも悪影響はなかった。

(※参考元:「カルロス・A・カマルゴら「小児の冬に関連するアトピー性皮膚炎に対するビタミンD補給のランダム化試験」」より)

ビタミンDを服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するビタミンDの効果について>

水素

水素には、体を老化させる原因である活性酸素を除去させる効果があるとされている分子のひとつです。水素を多く摂取することで、免疫が向上すると言われており、注目されています。また、最近では水素が持つ抗酸化により、皮膚炎の症状が軽減されたなどの研究結果もあるようです。

水素のアトピー改善効果に関する研究内容

アトピー性皮膚炎(AD)は、アレルギー性炎症に伴う慢性的に再発性の掻痒性湿疹性皮膚疾患である。 ADは、酸化ストレスおよび免疫不均衡によって誘発される。

本研究では、NC / Ngaマウスの2,4-ジニトロクロロベンゼン(DNCB)誘発アトピー性皮膚炎に対する水素水(HW)の飲水効果を調べ、HWがDNCB誘発AD様臨床症状を改善することを見出した。

これに伴い、HW群の活性酸素種は精製水(PW)群と比較して有意に抑制された。並行して、HWは、DNCB誘発ADにおけるグルタチオンペルオキシダーゼ活性を、PW群と比較して増強した。したがって、胸腺および活性化調節ケモカインおよびサイトカインのレベルは、PW群と比較してHW群で有意に減少した。

注目すべきことに、HW給餌マウスにおけるTh2サイトカイン、インターロイキン5(IL-5)、および炎症性サイトカイン、例えば腫瘍壊死因子-αおよびIL-6のレベルは、コントロールマウスおよびPW摂食マウスより有意に低かった。

総血清免疫グロブリンEレベルも、HW群で著しく減少した。総合的な結果は、HWがレドックスバランスおよび免疫調節を介してNC / NgaマウスにおけるDNCB誘発ADを抑制し、ADのための安全な臨床的流体処置であり得ることを示す。

(※参考元:Department of Environmental Medical Biologyら「マウスにおける2,4-ジニトロクロロベンゼン誘発アトピー性皮膚炎に対する水素水のポジティブ効果」より)

水素を服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対する水素の効果について>

酵素

酵素には、体の外から摂り入れた栄養分を分解し、吸収する働きを助ける効果があります。人間が持っている免疫力をアップさせる効果が期待できるので、アトピーなどのアレルギー疾患と深い関わりを持っている成分として、研究が進められています。

酵素のアトピー改善効果に関する研究内容

・アトピー性皮膚炎患者の皮膚病変部より分離されたStaphylococcus aureusの各種毒素・酵素産生性の検討を行い伝染性膿痂疹、dv・dv腫症由来株との比較を行った。

  1. Enterotoxin、toxic shock syndrome toxin-1産生性 Enterotoxin(SE)、toxic shock syndrome toxin-1(TSST-1)のうち1つ以上の毒素を産生する株は伝染性膿痂疹由来株で10/30株(33.3%)、dv・dv腫症由来株で20/23株、(87.0%)、アトピー性皮膚炎由来株で101/149株(67.8%)であった。
    dv・dv腫症由来株ではSEA産生株を18/23株、(78.3%)に認めた。アトピー性皮膚炎由来株ではSEB産生株を80/149株(53.7%)SEA産生株を23/149株(15.4%)に認めた。SEBを産生するS. aureus80株中72株(90%)はそのtiterが16倍以上と比較的高力価産生株であった。
  2. カゼイン分解酵素活性 伝染性膿痂疹、dv・dv腫症由来株では40株すべてが酵素活性を認めた。アトピー性皮膚炎由来株では129/141株(91.5%)に酵素活性を認めた。
  3. API ZYMを用いた各種酵素産生性 伝染性膿痂疹、dv・dv腫症、アトピー性皮膚炎由来株とも酵素産生性に差は見られなかった。
  4. 皮膚症状が重症のアトピー性皮膚炎症例より分離した7S. aureusのα、β、δ毒素産生性 α毒素は20/20株(100%)、β毒素は12/20株(60%)、δ毒素は17/20株(85%)に認められた。

以上のごとくアトピー性皮膚炎の皮膚病変に定着したS. aureusはSE、特にSEBなどのスーパー抗原およびα、β、δ毒素を高頻度に産生した。皮膚病変部で産生されたこれらの毒素がアトピー性皮膚炎の増悪にどのように関与しているかは今後の課題である。

(※参考元:秋山尚範ら「アトピー性皮膚炎の皮膚病変部より検出されたStaphylococcus aureusの毒素・酵素産生性の検討」より)

酵素を服用している人の体験談

  • 酵素にダイエット効果があることを知り、酵素を飲み始めてしばらくすると、肌に変化がありました。体内の悪いものが全部排出されていっている感じがします。これからも飲み続けていきたいです。
  • 顔に湿疹ができてしまい、原因が分からずほとほと困っていました。酵素の入ったドリンクを飲み始めるとしばらくしてびっくり。毎朝鏡を見るのが楽しみになっています。

アトピー性皮膚炎に対する酵素の効果について>

核酸

DNAとRNAの2種類のことを核酸といいます。DNAは細胞核に存在している遺伝子の本体であり、RNAはDNAの持つ情報に従ってタンパク質を合成する働きがあるとされています。最近では病気の予防や改善効果に期待をかけられており、研究がすすめられています。

核酸のアトピー改善効果に関する研究内容

・遺伝子治療である核酸医療の一つとして、おとり型核酸医薬(デコイ)が開発され、冠動脈疾患などに対する遺伝子療法として幅広く試みられている。また、細菌アトピー性皮膚炎の患者の治療にNF-κB デコイ軟膏が開発され、現在治験段階になっている。

一方、私たちの教室でもIL-4、IL-13の重要な転写調節因子であるSTAT6に対するデコイ軟膏を作製して、重度のアトピー皮膚炎患者への臨床応用も試みられ、良好な結果が得られている。

・ホソカワミクロン株式会社の研究開発子会社株式会社ホソカワ粉体技術研究所とアンジェス MG 株式会社とは、人工核酸デコイオリゴを担持させた生体適合性高分子ナノ粒子を用いた皮膚外用剤(クリーム製剤)によるアトピー性皮膚炎や乾癬に対する効果について動物実験を行いました

その結果、本製剤は従来のクリーム製剤に比べて約 10 倍という顕著な効果を発揮し、アンジェスの人工核酸デコイオリゴを担持させたホソカワの複合化ナノ粒子(ナノコンポジット)が皮膚浸透性並びに細胞内送達に極めて優れていることが確認されました。

(※参考元:横関博雄「皮膚アレルギー疾患における核酸医薬療法」より)
(※参考元:「ホソカワ粉体技術研究所とアンジェス MG が開発した核酸医薬担持処理 DDS用ナノ粒子のアトピー性皮膚炎への有効性を動物実験で確認」より)

核酸を服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対する核酸の効果について>

ビフィズス菌

ビフィズス菌は大腸に存在している善玉菌です。ブドウ糖を分解して乳酸と酢酸を生み出しています。酢酸は腸内を酸性に傾け悪玉菌の繁殖を抑える作用があり、腸内環境を改善。免疫細胞の働きを助けることから、アトピーなどのアレルギー疾患の症状を抑えてくれる効果があるとされています。

ビフィズス菌のアトピー改善効果に関する研究内容

腸内にBifidobacteriumが少ないアトピー性皮膚炎患児15例を予備的な菌叢の検索から選択し、うち投与群8例に対してビフィズス菌凍結乾燥末(Bifidobacterium breve M-16V株)を経口投与した。腸内細菌叢の変動とアレルギー症状の推移を観察し、対照群7例と比較した。
投与群では、ビフィズス菌末投与1カ月目の時点で、腸内のBifidobacterium占有割合の有意(P=0.0173)な上昇と、総好気性菌占有割合の有意(P=0.0499)な低下を認め、さらにアレルギー症状も有意(皮膚スコアでP=0.0176,総合スコアでP=0.0117)に改善した。一方、ビフィズス菌末の投与はアトピー性皮膚炎の症状改善を対照群に比較して有意に促進したが、自然排泄便を検体とした腸内細菌叢の変動と、アレルギー症状の推移の間には、明確な相関を認めなかった。

(※参考元:「柴田瑠美子・古賀泰裕「アレルギー疾患発症における腸内細菌ビフィズス菌の役割―乳幼児アトピー性皮膚炎におけるオリゴ糖のプレバイオティクス効果」」より)

ビフィズス菌を服用している人の体験談

アトピー性皮膚炎に対するビフィズス菌の効果について>

アトピー向けのサプリメント成分として乳酸菌に注目

ここまで挙げたサプリメントに配合されている成分は、それぞれ独自の作用でアトピーに働きかけます。その中でも、一番注目を浴びているのが乳酸菌です。

理由としては、アレルギーの原因に直接働くことが確認できているからみたいです。

また、乳酸菌のサプリメントは食品のように摂取できるものが多く、手軽で続けやすいということもあげられるかもしれませんね。

いま注目の乳酸菌サプリ&ドリンクBEST5