子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 目の周りの子供アトピーの症状と緩和方法

目の周りの子供アトピーの症状と緩和方法

アトピーは皮膚が薄い部分で症状が悪化しやすいため、目の周りに症状が強く現れることもあります。目という大切な器官の周りですから、保護者の方も心配になってしまうでしょう。そこで、こちらのページでは、子どもの目の周りにアトピーが現れたときの症状と、症状の緩和方法についてご紹介していきます。

目の周りのアトピーは特にかゆみが強い

小さな子どもがアトピーになった場合、まず頭や顔に症状が現れることがほとんどなので、目の周りに症状が出ることは珍しいことではありません。

ですが、頭や顔などの部位がアトピーになった場合、一番かゆみを伴いやすいのが目の周りです。そのため、症状が現れたときに子ども本人が最もつらいと感じる部分も目の周り[注1]

小さな子どもがアトピーによる痒みを我慢することは難しいため、保護者の方が様子を見て、目の周りの症状を重点的に緩和してあげることが必要でしょう。

目の周りのアトピーの症状とは

子どもの目の周りにアトピーが現れたとき、その症状は年齢によって変化する傾向があります。早い段階で現れてくる目の周りのアトピーは、「急性期」としての症状も現れ、その後の「慢性期」の症状へと変化するためです。

こちらでは、目の周りのアトピーの症状やその変化、かゆみによって引き起こされるリスクについてご紹介します。

目の周りのアトピーの症状は変化していく

乳幼児のときにアトピーが現れた場合、まず頭と顔に症状が出てきますが、そのときの症状は体液が滲みだしているような水分が多い状態になり、赤い湿疹が現れ、皮が剥けるケースが多くなっています。この時期は、アトピーの「急性期」です。

そして、子どもが成長して幼児期になった頃、目の周りのアトピーの症状も変化していき、幼児期になったときには、皮膚が乾燥して硬くなり、ゴツゴツした状態になります。この時期は、アトピーの「慢性期」です。

このように、比較的早くアトピーが現れる目の周りは、年齢と症状の進行度合いによって症状が変化していきます[注2]

全身の中でも最もかゆみが強いのが目の周り

先にご紹介しましたが、目の周りはアトピーが発生しやすい部位の中でも、最もかゆみが強い部分だと言われています。

ですが、まぶたを中心とした目の周りの皮膚は非常に薄く弱いため、かゆみが出て掻くことによって皮膚のバリア機能が失われ、さらにアトピーが悪化してしまう可能性もあります。

皮膚が薄いまぶたは掻くことで傷つきやすいものですが、傷ついた皮膚からはアトピーの原因となるアレルゲンが侵入しやすくなり、さらなるかゆみを引き起こしてしまうのです[注2]

目の周りを掻くことで眼病を発症する可能性も

子どもの目の周りにアトピーが現れたときは、アトピー自体の症状よりも、皮膚を掻くことによって引き起こされる眼病の方が心配です。

厚生労働省の文献によると、アトピーによって眼病が引き起こされる確率は非常に高く、日本眼科医会の調べによると、次のような確率で眼病を発症しているとされています。

  • 眼瞼炎…52.8%
  • 結膜炎…39.5%
  • 白内障…23.8%
  • 角膜上皮障害…11.6%
  • 網膜剥離…2.1%

出典:厚生労働省「(PDF)第2章 アトピー性皮膚炎」

こちらの発症確率は子どもだけを調査対象としたものではないので、子どもであればさらに確率は高くなる可能性があるでしょう。子どもはかゆみを我慢できない場合がほとんどなので、目に大きなダメージを与えてしまうこともあります。

目の周りのアトピーを緩和する方法は?

目の周りの皮膚だけでなく、眼病を発症させる可能性もある目の周りのアトピー。アトピーをすぐに改善することは難しくても、せめてかゆみを軽減させて上げられれば、子どもの辛さも和らぐというものです。

そこで、こちらでは目の周りのアトピーの症状を軽減させるための、緩和方法をいくつかご紹介します。

目の周りもしっかりと泡立てた石鹸で洗う

子どもの体を洗ってあげるときに、「目の周りを洗うのが怖い」という保護者の方は多いようです。

ですが、目の周りを避けて洗っていては、アトピー悪化の原因となる黄色ブドウ球菌を綺麗に洗い流せず、アトピーの症状を悪化させる原因となります。

子どもの目の周りを洗うときには、よく泡立てた石鹸を手に付けて、上から下に撫でるように洗ってあげましょう。そうすれば、子供は自然と目を閉じてくれますし、泡が目の中に入ることもありません[注3]

プールに入るときは必ずゴーグルをつける

学校に通う年齢まで成長している場合は、プールの授業の際にゴーグルをつけさせてもらうようにしましょう。

その理由は、プールの水の中には塩素が入っているから。塩素が含まれたプールの水は、アトピーの症状が現れている皮膚に対しては刺激が強く、症状やかゆみが悪化する可能性があるためなるべく触れないようにするべきです。

もちろん、学校以外のプールに入るときもゴーグルをした方が良いですし、プールに入った後はシャワーで塩素を綺麗に洗い流すようにしてください[注4]

症状を緩和させる効果のある成分を摂取する

子どもの目の周りのかゆみを緩和するためには、やはりアトピーの症状自体を軽減させることが一番です。

短期間でアトピーを完治させることは難しいですが、症状を緩和させるような成分を摂取すれば、少しずつ症状が改善していく可能性もあります。

アトピー改善効果があるとされる成分はいくつかありますが、腸を改善して体の内側からアトピーを改善する乳酸菌などであれば、子どもも摂取しやすく健康的です。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献