子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 首の子供アトピー・症状とケア方法

首の子供アトピー・症状とケア方法

子どもの首にアトピーができると目立ってしまい、何とか改善してあげたいという気持ちになることでしょう。子どもの首にアトピーが現れたとき、どのようにケアをしてあげれば良いのでしょうか。こちらのページでは、首のアトピーの症状とケアの方法について解説しています。

幼児期の子どもは首にアトピーが現れやすい

実は、小さな子どもにとって、首は非常にアトピーが現れやすい場所です。

乳児期の頃には頭や顔を中心にアトピーが広がり、その後、幼児期になると首や耳、肘、膝、手首、足首などに症状が広がるとされているため、幼児期になる頃に首にアトピーが現れ、焦ってしまう保護者の方もいらっしゃることでしょう[注1]

頭や顔にできている乳児期のアトピーに治療薬を塗っているにも関わらず、首に症状が広がってきてしまうと、治療の効果が出ていないように感じられることもあります。

ですが、アトピーは子どもの成長とともに体の下の部分に広がってくる傾向があるため、頭や顔の次に首に広がることは多いのです[注2]

首のアトピーの症状とは

頭や顔から広がるように症状が現れてくる首のアトピー。首にアトピーが現れる頃には、その症状も少しずつ変化してくる可能性があります。

今までと様子の違う症状に対処できるように、首のアトピーの症状を知っておきましょう。

乳児期と幼児期のアトピーの症状の違い

幼児期になると現れる首のアトピーは、乳児期のアトピーとは少々症状が異なります。

乳児期のアトピーは、赤くポツポツとした湿疹があるような状態で、体液が漏れるような水分の多い状態であることが多いもの。ですが、幼児期に現れる首のアトピーは、水分がなく乾いていて、触るとザラザラとした感触へと変化します。

これは、アトピーの症状の進行度による変化で、急性期のアトピーは水分が多く赤い湿疹が現れますが、慢性期になると水分がなくなり、ゴツゴツ、ザラザラした症状に変化するためです[注3]

つまり、首にアトピーが現れて症状が変化してきたということは、急性期から慢性期へ症状が進行したと考えられるでしょう。

首から広げなければアトピーは治りやすい

子どものアトピーは頭から顔、そして首に広がるとご説明しましたが、首から下に症状を広げなければ、アトピー自体が治りやすくなると言われています[注2]

首に症状が現れた後、さらに症状が進行して胸や背中に広がってしまうと、そのままアトピーという皮膚炎自体が進行してしまうことになるのです。

そのため、子どもの首にアトピーが現れたら、それ以上症状を悪化させないことが大切。次の項目では、自宅でできる安全性の高いアトピーの緩和方法をご紹介するので、これらの方法で症状を進行させないようにしましょう。

首のアトピーを緩和する方法は?

アトピーの症状を改善するための方法として一般的なものは、病院に通って、外用薬や軟膏による治療を受けることです。ですが、小さな子どもの首に強い塗り薬を塗ることに、抵抗があるという保護者の方も多いでしょう。

ステロイド外用薬には少なからず副作用があり、副作用がないとされているタクロリムス軟膏にも皮膚への刺激があるため、できれば自宅でのケアで症状を改善してあげたいもの[注4][注5]

そこで、こちらでは、自宅で安全にできる首のアトピーのケアや緩和方法についてご紹介していきます。

衣服やヨダレかけによる摩擦を避ける

首という部分は特に衣服に擦れやすい部分ですが、ヨダレかけをしている小さな子どもの場合、ヨダレかけによって常に摩擦が起きている状態になってしまいます[注6]

衣服に関しては病院でも指導がありますが、綿100%のものが理想的。さらに、首回りで注意したいのは衣服の内側の縫い目による刺激や、洋服のタグによる刺激です[注1]

ヨダレかけによる刺激を避けることは難しいですが、なるべく柔らかい素材のものを使う、皮膚に刺激がないように取り付けるなど、症状が悪化しないように注意してあげてください。

ヨダレや食べ物の汚れはすぐに綺麗にする

首元はヨダレや食べ物の汚れが付きやすい部分なので、その汚れによって皮膚の炎症が悪化してしまう可能性もあります。

子どもの首に汚れがついたら、すぐに刺激の少ない石鹸で洗うようにしてください。石鹸はよく泡立ててから、その泡で刺激がないように洗い、石鹸分が残らないようによく洗い流しましょう。

外出先などで子どもの首を洗えない場合は、水分をたくさん含ませたタオルを使って、洗うようなイメージで拭き取ります[注6]

アトピーに効果があるとされる成分を摂取する

アトピーはアレルギーによって引き起こされますが、アレルギー症状は腸が原因であるともいわれています。そのため、腸内環境を改善させる成分を摂取することは、症状の改善のために有効である可能性があります。

アトピー改善に効果的だとされる成分は多々ありますが、ドリンクタイプなら首にアトピーが現れたばかりの小さな子どもでも飲みやすく、日常の中で症状の改善を目指せます。

皮膚に対する直接的なケアだけでなく、体の内側からアトピーの根本的な原因を解消できるよう、改善効果が期待される成分も摂取するようにしましょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献