子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 足の子供アトピーの症状と緩和方法

足の子供アトピーの症状と緩和方法

今まで顔や頭、首にできていた小さな子どものアトピーが、足に出てしまったときはどうすれば良いのでしょうか。今まで症状が出ていなかった部分に現れると、症状が悪化しているのではないか…と保護者の方は不安になってしまうもの。そこで、こちらのページでは、子どもの足に現れたアトピーの症状の特徴と、自宅できる症状を緩和する方法についてご紹介します。

乳児期の足のアトピーは最終段階

もし、乳児期の小さな子どもの足にアトピーが現れたとしたら、それは乳児期アトピーの最終段階です。

乳児期にアトピーを発症した場合、頬や顎を中心に湿疹などが現れて、頭や耳に広がりますが、それよりさらに広がると足にも湿疹が現れるようになります。

そのため、残念ながら子どもの足に症状が現れた場合は、アトピーが悪化しているということ。ただし、頭から背中、足、腕にかけて広がった後は、他の部位に症状が現れる可能性は低いでしょう。

幼児期になって初めてアトピーが現れた場合は、足に症状が出るのではなく、足首や膝など、関節部分に中心に症状が現れる傾向があると言われています[注1]

足のアトピーの症状とは

子どもの足に現れるアトピーの症状は、乳児期と幼児期で症状が現れる部位が違いますが、その様子も年齢によって違ってきます。

足に現れた症状はアトピーが悪化しているということですが、乳児期にしっかりと治療やケアをしてあげれば、幼児期に入る前に完治させることも可能ですので、適切な処置をしてあげてください。

足のアトピーは「滲出性病変(しんしゅつせいびょうへん)」が特徴的

乳時期の子どもの足にアトピーが現れた場合、その症状は「滲出性病変(しんしゅつせいびょうへん)」と呼ばれる特徴を持つものになります。

滲出性病変とは、皮膚の下から体液が滲みだしているような、水分が多い状態の皮膚になること。さらに、足がむくんだように見えることも特徴的。加えて、そのような状態の皮膚の上に、赤い湿疹ができることも特徴です。

それに対して、幼児期からアトピーを発症した子どもの足は、ゴツゴツとした硬い皮膚になり、乾燥することが特徴。乳児期とは違った症状で現れることになります[注1]

足のアトピーは治りにくい

乳児期にアトピーができやすい部位は、頭や顔、首など、体の上の部分です。ですが、それらの部分と比較して、足のアトピーは治りにくいと言われてます[注2]

そのように言われる理由は、病院に行って治療を受けたとしても、次のように、足はステロイド外用薬の吸収率が低く、強めの治療薬を使用しなければ効果が現れにくいからです。

部位 吸収率
後頭部 3.5
13.0
背中 1.7
足首 0.42
足の裏 0.14

出典:厚生労働省「(PDF)第2章 アトピー性皮膚炎」

ただし、保護者の方にとっては、小さな子どもにステロイド外用薬を使うこと自体抵抗がある場合もあるでしょう。また、処方されたとしても、指示された量よりも薄めに塗ってしまう方もいるようです。

ですが、症状を長引かせて子どもに辛い思いをさせるより、短期間だけ強めのステロイド外用薬を使用して、治癒を目指そうとする医師もいます。

足のアトピーを緩和する方法は?

強めのステロイド外用薬を使用しなければ効果が薄くなる足。ですが、やはりステロイド外用薬を使わずに改善を目指せるなら、子どものお肌にとっても一番理想的でしょう。

そこで、足に現れたアトピーの症状を緩和させ、改善に導くためのケア方法をご紹介します。

少しでも症状が緩和して、子どもが楽に過ごせるように、これらの方法を試してみてください。

保湿外用薬をこまめに塗る

ステロイド外用薬の量を少しでも減らすためには、保湿外用薬を厚めに塗ることがおすすめ

保湿外用薬は病院で処方してもらうこともできますが、薬局などでも販売されているので、それらの市販薬でも問題ありません。

足はどこででも保湿外用薬を塗りやすい部位なので、入浴後やかゆみが気になるとき、外用薬を塗ってからある程度の時間が経った時など、こまめに塗ってあげるようにしましょう。

皮膚が少し湿っているところに塗ると効果的なので、入浴していないときは、霧吹きやタオルなどでお肌を湿らせてから塗ってあげてください[注3]

睡眠不足を改善する

乳児期の子どもは睡眠時間を多く取るため問題ないでしょうが、少し大きくなった幼児期の子どもでは、夜遅くまで起きていることもあるでしょう。

睡眠不足や夜型の生活は、体内で分泌されるホルモンバランスを崩し、アトピーを悪化させる原因になります。

また、眠っている間にお肌は修復されるので、睡眠時間をたっぷりと取ると、掻くことで傷ついた部分や、炎症が起きた部分を自然に修復してくれるのです[注2]

アトピーを根本的に解消するためにも、傷ついた皮膚を修復させるためにも、眠るべき時間に眠って、しっかりと睡眠時間を確保するようにしましょう。

腸内環境を整える

アトピーの症状は、腸内環境によって左右されると言われています。

腸内にいる細菌がどのような細菌なのかは、詳しくわかっていません。ですが、腸内の細菌が体質に影響を与えるとされているので、「アトピー」という体質も腸内環境の影響だと考えられているのです。

腸内環境を整える菌として乳酸菌が有名ですが、乳酸菌が含まれた健康食品でアトピーが改善したとする話もあるので、効果を発揮してくれる可能性はあるでしょう。

乳酸菌なら飲み物からも摂取できるので、普段の食生活を整えつつ、これらの健康食品を積極的に摂ることも心がけてください。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献