子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 目の子供アトピーの症状と緩和方法

目の子供アトピーの症状と緩和方法

子どものアトピーは顔に症状が出やすいため、目にアトピーが現れてしまうことも少なくありません。ただ、目の周辺は皮膚が薄く、目という大切な器官がある部分なので、掻くことで目を傷つけるのでは…と不安になる保護者の方も多いでしょう。こちらのページでは、子どもの目に現れたアトピーの症状と、その緩和方法についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

顔の症状に伴って現れやすい目のアトピー

子どものアトピー発症の傾向は、乳幼児では顔や頭、首に集中的に現れるため、それに伴って目にアトピーが現れることは珍しくありません。

それに対して、幼児期には首や腕、脚の症状が目立ってくるため、目元の症状は治まってくる傾向があります。

さらに、思春期から成人期に入ると、上半身に発疹が現れる症状に変化していきますが、目元の症状が現れないという訳ではありません[注1]

目元は皮膚が薄く刺激に敏感なため、少しの刺激でも痒みが増すという特徴があります。そのため、子どもはもちろんのこと、アトピーの方は目元の痒みに悩まされることが多いよいうです[注2]

目のアトピーの症状とは

目のアトピーは年齢が幼い段階から現れ始めますが、何か特別な症状を示すということはありません。

ただし、目という器官がある部分だからこその症状もあるため、他の部位に現れた症状よりも、迅速に対処してあげる必要があります。

それでは、目のアトピーにはどのような症状が現れるのか見ていきましょう。

目のアトピーは症状が強く現れやすい

目のアトピーの一番の特徴は、全身や顔の中でも、特に症状が現れやすいという点です。さらに、かゆみも強く現れやすいので、本人が感じる症状としても最もつらい部位と言えます。

まぶたは皮膚が薄いため、元々刺激に弱くできていますが、かゆみが現れて強く掻くことで皮膚に刺激が与えられ、さらにかゆみが増す場合もあるようです。

薄いまぶたの皮膚は、掻けば掻くほどバリア機能がなくなっていき、アトピーの原因となるアレルゲン物質が入り込みやすくなることも、症状が悪化しやすい理由だと考えられるでしょう[注2]

アトピー性角結膜炎を発症することも

子どもの目にアトピーが現れたときは、アトピーの症状そのものよりも、アトピー性角結膜炎などの眼病に注意したいもの。

アトピー性角結膜炎は、目の周辺にアトピーができたときに発症するアレルギー性の結膜炎で、目元のアトピーが悪化すると、アトピー性角結膜炎も悪化してしまいます。

アトピー性角結膜炎になると、目にもかゆみが現れてしまうため、アトピーのかゆみとアトピー性角結膜炎のかゆみ、その両方に耐えなければなりません[注3]

その他、目の痛みや乾燥、異物感などが現れることもあるので、子どもの目にアトピーの症状が現れたら、念のため眼科でも診察を受けることをおすすめします[注4]

目のアトピーを緩和する方法は?

アトピー性角結膜炎になる可能性もある目元のアトピー。症状がひどくなる前に、なるべくかゆみを緩和してあげることが大切です。

特に小さな子どもは、アトピーの症状がない子であって、目を強く擦ってしまうことが多いもの。目のアトピーは様々な眼病を引き起こす可能性もあるため、強く擦らないように工夫してあげましょう。

こまめに目元を石鹸で洗う

アトピーの症状を悪化させる原因だと言われているのが、皮膚の上にいる「黄色ブドウ球菌」から分泌される「スーパー抗原毒素」です。

スーパー抗原毒素はアトピーの症状を悪化させる物質として有名なので、症状を悪化させないためには、スーパー抗原毒素の素である黄色ブドウ球菌を取り除くことが一番

全身の中でも目元は簡単に洗える場所なので、子どもが痒がっているときや、保護者の方の手が空いたときなど、気が付いたときによく泡立てた石鹸で優しく洗い流してあげましょう。

黄色ブドウ球菌は、子どもの体温と同じ37度の環境におくと、15分から20分という短時間で、倍増すると言われています。皮膚の上に黄色ブドウ球菌を増やさないためには、こまめな洗浄が大切です[注5]

「行動療法」を試してみる

行動療法はある程度成長している幼児期の子ども向けの方法ですが、「やめさせようとしているのに目を掻いている」という子どもに有効な場合があります。

実は、子どもは特にかゆみがなくても、「お父さんやお母さんが構ってくれる」という記憶から、アトピーの部分を掻いてしまうことがあるのです。

特に、子どもが目を掻いていると、保護者の方は心配でやめさせようとします。子どもはこれを覚えていて、「目を掻く=構ってくれる」ことだという認識になります。

そこで、痒がっているときに敢えて相手をしないようにするのが行動療法です。この方法がうまくいけば、子どもが無駄に目を掻くことはなくなるでしょう[注5]

ただし、本当に痒くて掻いている場合もあるので、病院で適切な処置をしてもらっているにも関わらず掻くのを止めない、という場合に試してみてください。

アトピーを緩和するとされる栄養素を摂る

アトピーの症状を緩和させるためには、食生活の改善が欠かせません。

アトピーは腸内環境と大きな関わりがあると言われているため、腸内の善玉菌を増やせばアレルギーの症状が緩和される可能性があるのです[注5]

もちろん、普段の食生活も大切ですが、腸内環境を改善することは簡単ではありません。そこで、善玉菌を増殖させる健康食品を取り入れることがおすすめ。

アトピーに効果があると言われている健康食品もあり、ドリンクタイプであれば小さな子どもにも与えられるので、毎日の生活に取り入れてみましょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献