子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 子供のアトピーの原因は何?

子供のアトピーの原因は何?

近年、子どものアトピーが増加しています。つらそうにしている我が子を見ていると、1日でも早く治してあげたいという気持ちでいっぱいになりますよね。このページでは、子どもがアトピーになる原因や抑制するために必要なことを解説しています。

子どものアトピーは遺伝によるものって本当?

アトピーは遺伝によってアレルギー反応を起こすことがあります。父親か母親のどちらかがアトピー体質の場合は約30%。両親ともにアトピー体質の場合は、約50~70%の確率で子どもにアトピー体質が遺伝すると言われています。両親ともに全くアトピーのアレルギーがない場合でも、約21%の確率で子どもがアトピーを発症。親がアトピーだからと言って、必ずしも子どもにもアトピー症状が出るというわけではなく、親がアトピーでなくても何らかの理由で子どもがアトピーになってしまうこともあるのです。

遺伝の影響で子どもがアトピーになりやすい体質だったとしても、発症を抑える工夫次第でアトピーを抑制できます。アトピーは乾燥肌が原因で発症するので、念入りな肌の保湿が大切。肌を潤わせるとバリア機能が働いて、アレルギーの元となる物質が体に入りにくくなります。また、ほこりやダニなどになるべく接触しないよう、こまめに掃除するのも予防のひとつ。体の免疫力を保つことも大切なので、激しい運動をした日や体調が悪そうな時はとくに、十分な休息をとるように促しましょう。

遺伝以外のアトピーの要因

生活環境の要因

アトピーは、高温・多湿や乾燥、寒さ、熱、紫外線、花粉、ダニ、ハウスダストなどの外からの刺激によって、アトピーが発症したり、悪化したりします。子どもは外的要因の影響を受けやすいので、衣類を清潔に保ったり、お肌の保湿をしたりしましょう。とくに、アトピーのほとんどが乾燥によって起こります。肌が潤っているだけでバリア機能がスムーズにはたらき、ダニやハウスダストなどのアレルゲンが肌に入りにくくなるのです。保湿はアトピーにとって大切な予防と言えます。

また、こまめな掃除を行い、なるべくほこりやハウスダストのない状態を保つことが大切です。部屋の掃除は週に1回以上行うようにしましょう。フローリングは掃除機でほこりを吸い取るだけでなく、雑巾やウェットシートなどを使って拭き取ることが重要です。布団なら、羊毛や羽毛の綿製品だとダニが付着しやすいため、ポリエステル綿を選ぶのがおすすめですよ。布団もこまめに掃除機をかけつつ、半年に1回は布団クリーニングなどを利用し、丸洗いしましょう。

食生活の変化

近年では、食生活の変化もアトピーの要因となっています。戦前と比べて食生活が変わり、和食中心だったのが、現代では洋食を中心とした食事に。食卓には添加物が含まれている食事が増えてしまい、それがアレルゲンとなっているのです。食生活の変化によるアトピー対策としては、可能な限りアレルゲンの摂取を抑えた食事にすること。ただし、個人の判断で過剰にアレルゲンを除去しすぎてはいけません。かえって体に負担がかかってしまうことがあり、食生活の見直しが必要かどうかは自己判断せず、医師に相談してみることが大切です。また、栄養士からの食事指導が受けられる医療機関もあるので、利用してみると良いでしょう。あくまでも必要最低限のアレルゲン除去を目的に、食生活を見直していきましょう。

ウイルス感染

ウイルスや真菌、黄色ブドウ球菌などが皮膚で増殖し、膿んだり炎症を起こしたりします。病気の治療などで、免疫抑制効果がある薬剤を使用すると、体の表面の免疫力が落ちてしまい、菌が増殖してしまうことがあるのです。ウイルス感染によるアトピー発症を防ぐためにも、肌は常に清潔に保ちましょう。肌に異常を感じた時点で、医師に相談し、抗ウイルス剤や抗生物質を使って対策しましょう。