子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 子供アトピーに良い食事・悪い食事とは?

アトピーっ子が注意すべき食べ物は?

アトピーは食事に大きく影響されるといわれています。ここでは、アトピーに効果的な食べ物と、良くない食べ物をまとめているのでぜひ参考にしてください。

アトピーに効果的な食べ物

和食

アトピーに良いとされている食べ物として挙げられる代表が和食です。和食は煮物や焼き魚、蒸し物などバランスよく栄養を摂ることができます。そのほか、ビタミンや食物繊維が豊富な玄米・雑穀米には腸内環境を整え、免疫機能を高めてくれる力も。アトピーは腸内環境を整えることが大切なので、白米よりも玄米・雑穀米を積極的に食べると良いでしょう。

和食によく使用される食材のニンジン・ほうれん草といった緑黄色野菜をはじめ、ゴマを取り入れてできるだけ栄養を取得することが大切です。

そのほか、和食は洋食に比べて脂を使用しない調理法が多いのが特徴。和食は煮る・蒸す・焼くなどが中心になるのに対し、洋食は揚げる・炒めるが中心になります。油の摂り過ぎはアトピー性皮フ炎を悪化させてしまうので、調理法にもこだわった和食を中心に摂りましょう。[注1]

ビタミンCたっぷりのフルーツ

ビタミンCがたっぷり含まれている食品は、アトピーに良いとされています。アレルギーを引き起こす原因の1つが「ヒスタミン」です。

このヒスタミンが痒みや炎症を起こさせる原因となっている場合があります。ビタミンCは抗ヒスタミン作用を持っているので、アトピーによる症状を抑えてくれるのです。

ビタミンは体内で作ることはできない成分なので、外から補う必要があります。いちごやオレンジ、ブルーベリーやレモンなど、ビタミンCが多く含まれているフルーツを摂りましょう。

ヨーグルト

アトピーと腸内環境には密接な関わりがあります。ヨーグルトには腸内の善玉菌を増加させる乳酸菌が豊富に含まれているのは知られていること。

ヨーグルトを摂取することで腸内の善玉菌が増え、体調が良くなると同時に免疫力も強くなります。

アトピーに良くない食べ物

インスタント食品

インスタント食品には科学調味料や保存料・着色料・食品添加物が多く含まれています。また、油分や塩分が過剰に入っていて、栄養が偏っているものがほとんどでしょう。

頻繁に摂取していると、体に悪影響を及ぼしアトピー性皮膚炎になる可能性が出てきます。体と心は繋がっているので、栄養素の摂れない食事によって精神面にも影響を及ぼしイライラしやすくなることもあるのです。

子供はただでさえ免疫機能が大人よりも発達していないので、ダイレクトに体へ影響を及ぼす恐れがあります。子供にインスタント食品をはじめ、化学物質が大量に含まれた食品を与えすぎないようにしましょう。[注2]

カフェイン

アトピーを悪化させるヒスタミンに似た物質が含まれているカフェイン。摂りすぎるとかゆみや炎症が起きる場合があるので注意が必要です。

カフェインには副交感神経よりも交感神経を優位にする働きもあり、ストレスに弱くなっているアトピーの方が飲むと自律神経が悪化。アトピーが悪化してしまう可能性もあるのです。

また、アイスコーヒーの場合は胃を冷やし、消化分解能力を低下させてしまうこともあります。さらに、砂糖を入れてしまうと栄養バランスが偏ってしまうでしょう。コーヒー以外のチョコレートやココアもかゆみを引き起こす場合があるのでアトピーの方は控えましょう。

お菓子やケーキなどの甘い物

糖分がたっぷり入った甘い食べ物はアトピーを悪化させることがあります。人間の体は糖を分解するときに副腎脂質ホルモンが働く仕組みになっており、糖を摂取すればするほど副腎脂質ホルモンの働きが活発に。

大量に摂取すると、副腎脂質ホルモンが優先になり、抗炎症作用を上手く発揮できなくなってしまうのです。そのため、甘いものの摂り過ぎには注意しましょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献