子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 子供アトピーはお菓子に注意すべき?

アトピーっ子が注意すべきお菓子は?

子どもはお菓子が大好きです。お菓子を食べている子どもを見ると、ママも笑顔になりますよね。しかし、アトピー体質の子には控えてほしいお菓子があるのを知っていましたか?
ここでは、アトピー体質の子どもに気をつけてほしいお菓子をまとめました。

お菓子に注意しなければいけないのはなんで?

なぜアトピー体質の子どもはお菓子に注意しなければいけないのでしょうか。原因についてピックアップしました。

添加物がアトピーを悪化させる

お菓子の中には、油や乳製品、添加物が多く含まれています。これらはアトピーの症状を悪化させてしまう可能性がありますので、できるだけ避けるようにしたほうがベター。
より安全なおやつを選ぶのであれば、成分表を見るのがポイント。成分表の中で、添加物の記載が後方に書かれている場合、含まれる量は少ないと推測できます。
もちろん、無添加のものを選ぶのが一番良いのですが、お菓子を選ぶヒントとして覚えておくといいでしょう。

酸化した油は体に悪影響

油を多く使っているお菓子は、アトピーの悪化を助長させます。そのため、アトピー体質の子どもにはなるべく摂取を避けたほうがいいでしょう。
もし子どもが食べたいというのであれば、油不使用のお菓子を選ぶか、ノンフライと書かれているお菓子を選ぶようにしてください。

チョコレート

ケーキやドーナツ、市販のお菓子など、さまざまなものに使われているチョコレート。子どもも大好きなので、ついつい与えてしまいますよね。

しかし、チョコレートはアトピー体質の子どもへは避けたいお菓子であることを知っていましたか?

チョコレートには砂糖や油が多く、またカカオにはアレルギーを引き起こすヒスタミン類が含まれています。どれもアトピー性皮膚炎を悪化させるものなので、あまり多くを与えてはいけません。
もし、チョコレートを与えるのであれば、ミルクが含まれていないブラックチョコレートか、植物油脂の割合を低く抑えたクーベルチュールチョコレートが良いでしょう。

また、チョコレートについては個別ページに詳しく書いてありますので、ぜひ参考に読んでください。

アトピーの子どもがチョコレートを食べても大丈夫?>

おせんべい

おせんべいはお米でつくられているため、原料的にも安心と思われることが多いですが、実はアトピーを悪化させる可能性があります。

おせんべいやおかきといった原料にはもち米が使われており、もち米にはヒスタミンやヒスタミンに似た物質が入っています。ヒスタミンは、アレルギーを誘発させる作用がありますので、アトピー体質を持った子どもになるべく与えないようにしてください。

おせんべいを与えるのであれば、おすすめなのは、アレルギー特定原材料が入っていないものを選ぶことです。また、小麦やライムギといったグルテンフリーのおせんべいを選ぶのもポイントですよ。

市販のお菓子には、このようなアレルギー原料を除いたお菓子も売られているので、子どもと一緒に食べられるお菓子を選ぶと良いですね。[注1]

ポテトチップス

パリパリっとした歯ごたえがクセになるポテトチップス。1度食べてしまうと止まらないため、チョコレートに続いて子どもに人気のおやつとなっています。
しかしポテトチップスは、原料のジャガイモ以外そのほとんどが油や味付けの調味料でできているのです。アトピー体質の子が酸化した油を摂ってしまうと、アレルギー反応が出てしまい、肌にかゆみや湿疹をもたらすおそれが…。

酸化した油には、「蛍光性タンパク質」といわれる物質を生みだすため、アレルギー反応を引き起こさせます。そうすると、もともと持っていたアトピー性皮膚炎がより悪化へとつながってしまうのです。

大人が食べる量を管理したり、くだものやナッツといった自然の食材をおやつとして与えるなど、なるべく酸化した油は摂取させないようにしてください。[注2]

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献