子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 背中の子供アトピーの症状と緩和方法

背中の子供アトピーの症状と緩和方法

子どもの背中にアトピーの症状が現れると、自分で掻くこともできず、ひたすら痒みを我慢しなければなりません。その様子を見て心を痛める保護者の方も多いと思いますが、背中に現れるアトピーの症状を知ることで、緩和するための方法も見えてくるでしょう。そこで、こちらのページでは、子どもの背中に出るアトピーの特徴と緩和する方法をご紹介します。

小さな子どもの背中にアトピーが出たら重症?

もし、乳幼児期の小さな子どもの背中にアトピーが現れたら、症状がかなりひどくなっているということを示しています。

一般的に、背中にアトピーが現れるのは思春期以降とされており、乳幼児期には頭や顔など、体の上の部分を中心に症状が現れるもの。ですが、乳幼児期の子どもでも、アトピーが重度になると、背中や胸などに症状が現れます。

そのため、背中にアトピーが現れていたら、もちろん皮膚科に行って相談することが大切。ただし、乳幼児期の症状は短期間で収まることもあるため、背中に症状が現れた場合は、集中的にケアをしてあげるようにしましょう[注1]

背中のアトピーの症状とは

小さな子どもでは現れにくい背中のアトピーですが、万が一現れた場合には、症状がかなり重度だと考えられます。

それでは、背中のアトピーの症状にはどのような特徴があるのでしょうか。正しいケアをするためにも、その症状の特徴を知っておきましょう。

背中のアトピーはジクジクした赤い湿疹ができる

幼児期までの子どもでは、どの部分にアトピーが現れたとしても、その症状は全般的に体液が滲みだすような風になり、赤い湿疹ができる状態が一般的です。

また、同じく背中のアトピーが現れにくい幼児期から学童期の子どもであっても、アトピーが重度になれば、同じような症状が現れます。

したがって、背中のアトピーが現れた場合の症状は、「ジクジクした感じ」と言われる水分が多い皮膚状態になって、赤い湿疹ができることが特徴でしょう[注2]

背中のアトピーは痒みや症状が強く現れやすい

背中のアトピーは全身の中でも、痒みや炎症の症状が強く現れやすい部位で、これは子どもの場合だけに限りません。大人は軽度のアトピーでも背中に症状が現れますが、大人の方でも、痒みや炎症が強く現れやすい部位だと言われているのです。

アトピーの症状がある16歳から66歳の方を対象に調査を行った結果、重複回答で症状が強く現れている部位を答えてもらったところ、顔、首、背中、手の4か所のみが100件以上の回答を得たという報告があります。

出典:日本アレルギー学会「(PDF)アトピー性皮膚炎患者におけるQOL:SF-36を用いて」

このように、症状が強く出ている部位としては回答数が一番多かったのが背中です。この調査に子どもは含まれていませんが、子どもの場合でも同様だと考えられるでしょう。

背中のアトピーを緩和する方法は?

背中のアトピーは症状が強く現れやすいので、痒みを軽減させるためにも、適切なケアをして症状を緩和させてあげなければなりません。

痒みが強くなるとついつい掻いてしまってアトピーが悪化しますし、かゆくて夜も眠れない…という状態になることもあるため、少しでもアトピーの症状を改善させられる緩和方法を覚えておきましょう。

汚れは石鹸でよく洗い流す

洗うことはアトピー緩和方法の基本ですが、皮膚の上には「黄色ブドウ球菌」が存在していて、「スーパー抗原毒素」という刺激物を分泌するため、アトピーで弱くなっている皮膚にとっては大敵です。

そして、黄色ブドウ球菌の繁殖力は非常に高く、37度の試験管内では、15~20分で倍になると言われています。

そのため、1日に3回程度体を洗い、黄色ブドウ球菌を綺麗に洗い流すことが効果的だという報告もあり、体を洗うことの重要性がわかる報告となっています[注3]

体を洗うときは、手によく泡立てた石鹸をつけて、背中を丹念に洗ってあげたら、シャワーで石鹸分をよく洗い流して、すぐに保湿剤を塗ってあげるようにしてください。

こまめに保湿剤を塗る

アトピーの症状緩和には、スキンケアが欠かせません。医薬品ではなくても、市販の保湿外用薬でも効果は実感できるため、こまめに保湿外用薬を塗ってあげてください。

アトピーの子どもの皮膚は、炎症が起きていないように見えていても、乾燥していることが多いもの。背中で炎症が起きていない部分があっても、満遍なく広い範囲に塗ってあげるようにしましょう[注4]

アトピーに効果的な食品を積極的に摂取する

アトピーに効果的だとされる食品はいくつかあり、それらを毎日摂取することで、より早くアトピーの症状を改善していける可能性があります。

ただし、乳幼児期の小さな子どもの場合は食べられないものも多いので、アトピーに効果的な栄養素が含まれた、ドリンクタイプの健康食品などがおすすめ。

ドリンクタイプであれば乳幼児でも問題なく飲めますし、直接胃に届くので、栄養素の吸収率も高まるでしょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献