子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » 子供のアトピーに使われる一般的な治療薬と効果的な用法

子供のアトピーに使われる一般的な治療薬と効果的な用法

アトピーを発症して荒れてしまった子どもの肌は、一刻も早く良くしてあげたいもの。けれど、大人と同じように子どもの肌を扱うと、かえって症状が悪化する可能性もあります。アトピーを悪化させないためにも、子どもの肌の特徴と薬の違いを把握し、どのように薬をあげるべきかチェックしておきましょう。

子どものアトピー治療に使われる一般的な治療薬

アトピーの治療薬は、塗り薬と飲み薬の2種類があり、皮膚の状態によって薬を組み合わせて使われます。

アトピーの塗り薬には、非ステロイド系の塗り薬や保湿剤、免疫抑制外用薬(プロトピック)などを使用。飲み薬には、漢方薬や抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬などが使用されています。ただし、飲み薬は子どもに推奨していない病院が多いようです。

白色ワセリン(プロペト)

肌を乾燥から守るための保湿剤で、赤ちゃんにも使用可能なほど安全な保湿剤。顔全体やまぶた、目元などに使われることが多い傾向があります。皮膚が薄くて敏感な場所でも使用OK。白色ワセリンは、刺激がほとんどないのが特徴で、赤ちゃんの顔や傷口にも使われます。水分を通さないので、皮膚の水分の蒸発を防ぐことが可能。化合物とも反応することが少ないので、他の軟膏と混ぜて使われることもあります。

アズノール軟膏

植物成分に由来しており、皮膚保護作用や抗炎症作用をもっている非ステロイド系の塗り薬。効果がすぐにあらわれるわけではないですが安全性が高いので、赤ちゃんにも処方されている塗り薬です。子どもの顔の周りや陰部など、皮膚が敏感なところにも使用できます。一般的に、あせもやかぶれ、火傷、皮膚のただれ、潰瘍(かいよう)、褥瘡(じょくそう)などに使用。症状によって適量をとり、1日数回、塗布して使います。

アトピー治療薬の効果的な使い方

お風呂のあとがベストタイミング

薬を塗るタイミングはお風呂の後がおすすめ。汚れが落ちて清潔な状態かつ、ほどよく保湿されている状態なので、肌へのなじみもよくなります。

お風呂はなるべくぬるま湯で

熱いお湯は皮脂を余分に落としてしまい、乾燥しやすくなります。結果、かゆみを引き起こすことに。なるべく37~39℃と体温に近い温度に設定しましょう。

肌に合わないと思ったらすぐやめる

アトピーの症状を和らげる塗り薬は様々ありますが、必ず効果があるとは限りません。肌に合わない場合は症状を悪化させる可能性もあります。塗ったところが赤く腫れたり、かきむしったりするようであれば、一度医師へ見てもらったほうが良いでしょう。

ステロイド系の薬は医師と相談を

アトピー性皮膚炎に使われる塗り薬には、ステロイド系のものが多いです。ステロイドと聞くと、強い薬の印象が強いですが、正しく使う分には何も問題ありません。他の薬と同様に、医師と相談して使用量を決めるとよいでしょう。注意点としては、使用量が多いと皮膚が薄くなったり妊娠線のような跡が残る可能性がある点。子どもに合った使用量があるので、塗りすぎないよう様子を見ながら使用しましょう。