子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ » アトピーは寝起きにかゆみが強くなる?メカニズムと対処法をご紹介

アトピーは寝起きにかゆみが強くなる?メカニズムと対処法をご紹介

寝起きにかゆみを感じた経験はありますか?アトピーの症状が出ている人の多くが経験したことがあると思います。なぜか寝起きにかゆがって辛そうな子供を見ていると心が痛みます。
寝起きで眠い気持ちとかゆくて不快な気持ちが合わさって、朝は大騒ぎ…なんておうちもあると思います。
そこで、寝起きにアトピーのかゆみがひどくなるメカニズムや予防法についてご紹介します。

アトピーは寝起きにかゆみが強くなるのはなぜ?

そもそも、なぜ寝起きにアトピーのかゆみが強くなるのでしょうか。それは、自律神経が大きくかかわっています。
自律神経は、日中活発に動いているときに働く「交感神経」とリラックスしているときに働く「副交感神経」の2つが交互に切り替わりながら生活をしています。
日中はあまり気にならないかゆみも、リラックスをしているときに強く感じる場合があります。
それは、交感神経が優位になっているときには、『かゆい』という感覚が抑制されていて感じにくいということがあります。
その為、眠る前や寝起きなど、身体がリラックスるするときにかゆみを感じる場合があるのです。

『寝起きにかゆくなる!』を予防するには?

寝起きにかゆみを感じ、毎朝辛い子供のために、ママやパパが普段からしてあげられることがあります。かゆみを予防することですっきりした朝を迎えられる場合もあります。
アトピーの症状や季節などにもよって対処法は変わりますが、取り入れやすい部分から取り入れてみてはいかがでしょうか。

寝る前のケアを見直す

寝起きにかゆくなる原因の1つに、「乾燥」があります。乾燥が原因でかゆみが表れてしまう場合は、肌の乾燥を防ぐことでかゆみを抑えられる場合があります。
しかし、使用する保湿剤によっては注意しなくてはなりません。

ヒルドイドを使用している場合

言わずと知れた保湿剤「ヒルドイド」は、血行促進や皮膚保湿剤として医師から処方してもらうことができる保湿剤です。
ヒルドイドの保湿効果は高いのですが、塗っただけ効果があるというのは間違いです。
塗り過ぎが原因で皮膚にトラブルが起こる場合もあるので、医師に処方された用量を守って、皮膚に塗りこむようにして使ってください。

ワセリンを使用している場合

保湿剤の代名詞のワセリンは、多くの人が利用しています。
しかしワセリンなどの油分が多い保湿剤の場合は、塗り過ぎが原因で余計に皮膚の乾燥を引き起こしてしまうので注意が必要です。
塗りすぎを防止するためには、ワセリンを軽く温めて柔らかくなった状態で塗ってあげることも意識すると良いでしょう。

パジャマや寝具を見直す

パジャマや寝具の素材がチクチクしたり、肌に合わない素材の場合、かゆみを増幅する恐れがあります。
寝起きにかゆがる場合は、パジャマや寝具の見直しも大切です。

アトピーのかゆみを予防して寝起きも快適に!

もちろん食事や睡眠の質を高めて、アトピー自体の症状を抑えることも大切ですが、かゆみの原因を知り、かゆみの予防を行うことで、寝起きもスッキリできる場合があります。
お子さんが寝起きにかゆみで辛い場合は、ぜひ試してみてください。