子供アトピーの改善に最適なおすすめサプリメントを徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較
アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ! » 子供アトピーについて知っておくべき基礎知識まとめ

アトピーっ子のママのためのケアガイド

子どもがアトピーで痒みや痛みを訴えてくると、何とかしてあげたいと思いますよね。ここでは子どもとアトピーの関係性についてまとめています。アトピーッ子をお持ちの親御さんはぜひ参考にしてくださいね。

子どものアトピー率は徐々に低下中

小学生が最も高い

アトピーを発症するのは6歳から12歳の小学生が最も多いという結果が出ています。この年代のアトピー発症率は3%強と言う高い値を示していました。原因は、年齢や環境にあるのではなく、「綿密な身体検査」だといわれています。

小学生になると、今までよりも子どもの健康に気をつかう親が多くなり、検査の機会が増えることでアトピー性皮膚炎だと発覚するのです。

アトピー持ちの子どもの多くは1歳ですでに発症していることが多く、遅くても5歳までには発症しています。そのため、検査をするまでにアトピーを持っていたものの、小学生になって検査をしたところアトピーと診断されたというケースが多いのです。

アトピー率が徐々に低下している

年々、アトピー性皮膚炎を発症する子どもは減少傾向にあるといいます。幼稚園・小学生・中学生は確実に減少しており、特に幼稚園児のアトピー発症率は大きく減少。2006年は約3.77%だったのが、2017年では約2.9%にまで低下しています。

その原因ははっきりとはわかっていませんが、対策の強化も原因の1つでしょう。[注1]

子どものアトピーの特徴とは

乳児期の特徴

乳幼児のアトピーは顔や頭に湿疹が出ることが多くあります。ジクジクとした赤みを持った湿疹で、特に頬・口まわりに見られるのが特徴です。

そのほか、腹痛・嘔吐・下痢といった消化器官に異常を発症することもあります。しかし、乳児期は体の各器官が発達途中であるため、他の病気による症状の場合もあるので一概にアトピーによるものとは言えません。

幼児期・学童期の特徴

乳児期を経て、幼児期・学童期になると、顔だけでなく、さまざまな箇所に症状が見られます。顔だと「単純性粃糠疹(たんじゅんせいひこうしん)」が発症し、白いまだらが出てくるのが特徴です。

新陳代謝が早いことが原因で、日焼けの色が早く落ち、他の部位よりも白くなる場所が出てくるのです。

そのほか、手足の間接部分や首などにぶつぶつとしたものや赤みが発症し、極度に乾燥することもあります。耳の付け根部分が切れる耳切れになるケースも。また、脚に魚の鱗のような模様が出る「魚鱗癬」が発症することもあります。[注2]

子どものアトピーの原因はなに?

子どもがアトピーになった原因はなんだろう?と悩んでいる親御さんは多いのではないでしょうか。アトピーの原因は遺伝によるものからそうでないものまでさまざまです。

ただ、親がアトピーだからといって、子どもも必ずアトピーになるわけではありません。ここでは遺伝以外の原因のアトピーについてもまとめていますよ。

子どものアトピーの原因を詳しく知る

子どものアトピー改善に有効な薬・注意すべきリスク

アトピーになると、病院から薬が処方されます。その薬の種類はどんなものがあるのでしょうか。

ここでは、アトピー治療に使われる一般的な治療薬や有効な薬を紹介しています。また、アトピー治療薬を使用する際の注意点や効果的な使用方法もまとめていますよ。

これから子どもを病院へつれていくママや、すでに薬を使っているというママはぜひご覧ください。

子どものアトピー改善に有効な薬・注意すべきリスクを詳しく知る

子どものアトピーと食事の関係は?食べて良いものダメなもの

「体は食べたものでできている」と言われているほど、体と食事は密接な関わりがあります。ここではアトピーッ子が食べると良いものと、食べないほうが良いものをまとめています。

アトピーを悪化させてしまうおそれのある食べ物も存在するので注意しなければなりません。アトピーを悪化させてしまわないためにも、事前に確認しておいてくださいね。

子どものアトピーと食事の関係は?食べて良いものダメなものを詳しく知る

アトピーの子どもにあげちゃダメなお菓子とは?

子どもが大好きなお菓子。欲しがるとつい買ってあげたくなりますよね。しかし、アトピーッ子が食べるのを注意した方が良いお菓子があります。

ここでは食べる際に注意したいお菓子やその理由をまとめています。知らぬ間に子どもにアトピーを悪化させるお菓子を与えているケースもあるので、1度目を通しておくことをおすすめしますよ。

アトピーの子どもにあげちゃダメなお菓子を詳しく知る

アトピーが子どもの首に現れたときの症状とケアについて

今まで頭や顔にしか出ていなかったアトピーが、首にまで広がってきたらどうすれば良いのでしょうか?こちらでは、首に広がったアトピーの症状や、自宅でできるケアの方法についてご紹介しています。

アトピーが子どもの首に現れたときの症状とケアについて詳しく知る

子どもの目の周りにアトピーが現れたときの症状と緩和方法について

子どもの目の周りに現れたアトピーは、全身の中でも特にかゆみが強いとされています。掻くことで眼病の原因にもなってしまうので、症状を正しく理解し、緩和してあげることが大切でしょう。

子どもの目の周りにアトピーが現れたときの症状と緩和方法について詳しく知る

子どもの背中に出たアトピーを緩和するには?その症状の特徴は?

小さな子どもの背中にアトピーが現れることは少ないですが、現れた場合、症状やかゆみが強くなる可能性があります。こちらでは、子どもの背中にアトピーが出たときの緩和方法や、症状の特徴についてご紹介しましょう。

子どもの背中に出たアトピーを緩和するには?その症状の特徴は?について詳しく知る

子どもの腕にアトピーが出たときの症状と緩和方法とは?

小さな子どもの腕にアトピーが出るということは、症状が悪化していることを示します。症状を緩和させるためには、アトピー自体を改善していかなければならないため、こちらの緩和方法を参考に改善に取り組んでください。

子どもの腕にアトピーが出たときの症状と緩和方法とは?について詳しく知る

合併症のリスクも!アトピーが子どもの目に出たときの症状と緩和方法

子どものアトピーが目に出ることは多いですが、アトピー性角結膜炎の原因にもなるため、早めの対処が必要。こちらでは、目のアトピーの症状や、痒みを緩和させる方法、掻くことを止めさせる方法などについてご紹介しています。

アトピーが子どもの目に出たときの症状と緩和方法について詳しく知る

子どものアトピーが足に現れたときの緩和方法は?症状の特徴は?

アトピーが子どもの足に現れたときは、症状がかなり進行しているということです。ステロイド外用薬を減らすために、保湿外用薬の使用や生活習慣、食生活の改善などを行っていくことが大切でしょう。

アトピーが子どもの足に現れたときの症状とケアについて詳しく知る

肘に現れる子どものアトピー|その特徴と症状の緩和方法とは?

幼少時期の子どもがアトピーを発症した時、肘に症状が現れることは一般的です。正確には、肘の内側に現れ、その症状は皮膚が硬くなり乾燥したような見た目になります。

肘に現れる子どものアトピーの症状と緩和方法について詳しく知る

アトピーの子どもが日焼けしたときはどうする?ケアのための方法は?

アトピーの子どもが日焼けをしてしまったとき、症状が悪化するのではないかと不安になるものです。実際、日焼けは症状を悪化させる可能性があるともいわれているので、適切なケアが大切となります。

アトピーの子どもが日焼けしたときはどうする?ケアのための方法は?について詳しく知る

アトピーは寝起きにかゆみが強くなる?メカニズムと対処法をご紹介

アトピーの子供は、朝、寝起きのタイミングでかゆみが強く出る場合があります。寝る前にしっかりと乾燥対策でケアをしてあげていても、寝起きにかゆみが出てしまうのには理由があります。保湿剤の塗り方1つで寝起きのかゆみが増してしまうこともあるので、寝起きにアトピー肌のかゆみが強くなるメカニズムと、対処法を知っておくことでかゆみを予防することもできます。

アトピーは寝起きにかゆみが強くなる?メカニズムと対処法について詳しく知る

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献