アトピー性皮膚炎の改善方法を徹底リサーチ!

こどもアトピーLaboおすすめしたいサプリメント比較

たしかな研究情報を活かして
アトピーケア&予防しよう!

アトピー性皮膚炎とは、乳幼児から成人までかかる可能性がある皮膚疾患のこと。このサイトでは、アトピー性皮膚炎に悩む方、またその家族に向けて、改善・対策方法を紹介しています。 日本皮膚科学会や研究論文などで提唱されている内容をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、かゆみや湿疹が慢性的に続く皮膚炎のこと。皮膚の乾燥やバリア機能の異常が原因で、さらにそこへ刺激やアレルギー反応が加わって発生するといわれています。

アトピー性皮膚炎の診断基準は3つあります。以下3つの項目を満たすと、症状の重さに関係なくアトピー性皮膚炎と診断されます。[注1]

  • そう痒
  • 急性病変では紅斑・浸潤性紅斑・丘疹など、慢性病変では浸潤性紅斑・苔癬化病変・痒疹が発症していること
  • 乳児で2ヵ月以上、その他は6ヵ月以上の間症状が出ていること。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因はいまだはっきりと解明されていませんが、皮膚が乾燥してバリア機能が低下したところにさまざまな環境的要因が重なって発生すると考えられています。

環境的要因とは、ダニ・ほこり・食べ物などのアレルゲンが体内に侵入したり、ストレスが生じたりすることです。症状や原因は人によって差があり、症状を悪化させる要因もそれぞれ異なります。

例えば、使う化粧品が同じでも症状が起こる方と起こらない方に分かれます。あるときは大丈夫だったのに、違うときで症状が出ることも。体調や精神的な状態によっても出るときと出ないときがあります。 これはアトピー性皮膚炎がひとつだけではなく、いくつもの要因が重なって影響しあう「多因子性」の疾患であるためです。

体質に関する要因

  • 本人または家族がアレルギー性の病気を持っていること
  • 免疫物質「IgE抗体」を作りやすい体質であること
  • 皮膚のバリア機能の低下

環境に関する要因

  • アレルゲン(アレルギー症状の原因物質)
    例:食物・ダニ・ほこり・カビ・花粉・動物の毛・フケなど
  • アレルゲン以外の刺激
    例:汗・乾燥・衣類による摩擦・ひっかき傷・洗剤・化粧品など
  • その他
    例:寝不足・ストレス・過労など[注2]

アトピー性皮膚炎の原因について詳しく

アトピー性皮膚炎の症状

症状の特徴

アトピー性皮膚炎は、かゆみと湿疹が主な症状です。ほかに皮膚が乾燥してカサカサの状態から硬くゴワゴワした状態、腫れてジュクジュクと汁が出るような症状までさまざまな段階があり、重症度で治療法が変わります

重症度が高いのは、高度の腫れやむくみ、丘疹(皮膚の隆起)の多発などです。中等症としては、中等度までの紅斑や少数の丘疹、鱗屑(角質細胞が細かくはがれたもの)などがあります。軽症に分類されるのは、乾燥や軽度の紅斑、鱗屑などです。[注1]

年齢による症状の変化

アトピー性皮膚炎の多くが乳幼児期に発症し、成長しながら治っていく傾向にあります。ただし、大人になるまでは症状が続くことや、一度治った方が再発する場合もあり、再発すると治りにくいとされる疾患です。年齢に応じて症状が出る部位に変化が見られます。

乳児期では顔や頭に出やすく、幼児期にかけて体や下肢に広がりやすいのが特徴です。関節にもあらわれやすく、皮膚の乾燥が目立つように。思春期~青年期の間は顔や胸、背中やひじなどに湿疹ができやすくなります。[注2]

苔癬化(たいせんか)や痒疹(ようしん)にも注意が必要です。苔癬化とは、繰り返し掻くことで皮膚がゴワゴワと厚くなること。痒疹(ようしん)は、同じ部分を掻き続けることで皮膚が硬く盛り上がり、かゆみが続く症状をいいます。[注3]

アトピー性皮膚炎の改善方法
~免疫反応の抑制&乾燥対策が重要~

アトピー性皮膚炎は遺伝的な要因をはじめ、さまざまな内的・外的悪化要因に見舞われて起こる皮膚病です。そのため、現時点では疾患そのものを完治させる治療法はありません。対症療法には免疫反応の抑制と乾燥対策が重要になります。[注1]

免疫反応の抑制のためにできることは、悪化させる原因を調べて取り除くこと。免疫に刺激をもたらすアレルゲンは年齢によって多少違いがあります。乳幼児では食物アレルゲンに気をつける必要があり、それ以降ではダニ、ハウスダストなどの環境アレルゲンに注意すべきです。肌への刺激では汗で悪化するという方が多くいます。 空気の乾燥や皮膚に触れる物質、ストレスなどにも気をつけましょう。[注1]

乾燥対策には皮膚を清潔に保つことが重要です。皮膚の汚れをなるべく素早く落とすために、入浴やシャワーを利用するといいでしょう。その際は、刺激の少ない石鹸で軽く洗い流してください。使用感の良い保湿剤を1日2回ほど塗るのもおすすめです。[注1]

アトピー性皮膚炎の治療方法と効果について詳しく

アトピー性皮膚炎対策方法①:外用薬(塗り薬)

ステロイド外用薬

アトピー性皮膚炎による炎症を十分に鎮静できる薬剤です。有効性はもちろん安全性も科学的に立証されています。[注1]使用には「発疹の重症度」に合った薬剤を選ぶことが重要です。

非ステロイド系消炎外用薬

アトピー性皮膚炎による炎症を抑える力がとても弱く、塗ってもかぶれを生じることがあるので、使う場面は多くないといえるでしょう。[注1]また、日本皮膚科学会ではアトピー性皮膚炎による炎症を十分に抑えることができるステロイド外用薬の使用を奨励しています。

カルシニューリン阻害外用薬(タクロリムス軟こう)

1999年に登場したアトピー性皮膚炎の新しい治療薬です。顔の発疹に対して、ステロイド外用薬の中程度以上の有用性があります。[注1]顔以外の部位にも使用可能です。

アトピー性皮膚炎対策方法②:内服薬(飲み薬)

抗ヒスタミン剤

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える目的でよく使用されている薬です。外用薬と比べるとあくまで補助的な効果しかなく、抗ヒスタミン剤だけではアトピー性皮膚炎の炎症やかゆみを抑えきることはできないとされています。[注1]

ステロイドの飲み薬

アトピー性皮膚炎が重症化した場合にステロイドの飲み薬を使用することがあります。その際は医師に指示された量や期間、飲み方を必ず守らなくてはなりません。自己判断で服用をやめたり量を減らしたりすると、副作用や症状の悪化を招く恐れがあるためです。[注4]

免疫抑制系の飲み薬

今までの治療に十分な効果がなく、強い炎症を伴う湿疹が広い範囲で出ている16歳以上の患者に限って使用されています。最大3ヶ月まで続けられますが、その後はいったん休薬する必要も。服用中は血圧の上昇や腎臓機能が低下する可能性があるので注意が必要です。[注4]

漢方薬

「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版」で有用性が示されているのが、消風散(しょうふうさん)と補中益気湯(ほちゅうえっきとう)の2種類です。[注5]

アトピー性皮膚炎対策方法③:保湿剤

保湿剤を使うと、低下した肌の角層の水分量を改善して皮膚のバリア機能を回復でき、アトピー性皮膚炎によるかゆみの抑制と再発予防につながります。アトピー性皮膚炎が寛解した後に保湿剤を継続使用するのも、寛解状態の維持に有効です。

保湿剤の種類

保湿剤には軟こうやクリーム、ローションなどさまざまな種類があります。べたつかないものやのびの良いものなど、好みや季節に合わせて使用感の良いものを選びましょう。潤いを保つコラーゲン入りや油分を含んだ白色ワセリン、炎症を抑える作用のある亜鉛華軟こうといった保湿剤も。

保湿剤の使い方

1日1回よりも2~3回塗ったほうが、より高い効果を得られます。発疹が出ているときは皮膚科を受診して、保湿剤が使用できるか医師に判断してもらいましょう。[注5]

アトピー性皮膚炎対策方法④:スキンケア

アトピー性皮膚炎の対策には薬剤による治療はもちろん、日常生活でのスキンケアが非常に重要です。汗をかいたらこまめに拭いたり、シャワーを浴びたりすると皮膚を清潔に保てます。

入力で乾燥対策

肌を乾燥から守るのも重要なスキンケア対策のひとつ。乾燥を防ぐには入浴が効果的です。入浴して皮膚に水分を入れ、肌の潤いを保ちましょう。

体を洗うときはゴシゴシこすらず、石鹸をよく泡立てて、柔らかいタオルや手のひらを使ってなでるように洗いましょう。 症状が強く出ているときは、お湯をかけて流すだけで十分です。

紫外線対策で乾燥を防ぐ

紫外線対策も大切です。紫外線は皮膚から水分を奪って乾燥させ、かゆみを引き起こす場合があります。帽子や日傘で直射日光を遮り、日焼けを避けるのがポイントです。自分の肌に合った日焼け止めを利用するのもいいでしょう。[注3]

アトピー性皮膚炎対策方法⑤:食事

生後3ヶ月までにアトピー性皮膚炎の症状が顔に見られる赤ちゃんは、食物アレルギーを合併している場合があります。疑いがあるときは医療機関を受診して、検査や問診などで食物アレルギーかどうかを調べましょう。

食物アレルギーの原因

赤ちゃんの食物アレルギーの原因としてもっとも多いのが「鶏卵」で、次に「牛乳」「小麦」です。母親が食べた鶏卵や牛乳などのアレルゲンによって、母乳を飲んでいる赤ちゃんのアトピーの症状が悪化することもあります。

与える食品の見極めが大事

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状を治すには、食べると症状が誘発される食物を避けましょう。母乳を与えている母親の食事にも注意が必要です。ただし必要以上に避けるのは適切ではないので、医師に診断してもらうことが大切です。[注6]

アトピー性皮膚炎対策方法⑥:サプリメント

アトピー性皮膚炎は免疫機能の異常によって起こる病気のため、腸内環境が整って免疫力がアップすると、薬に頼ることなく症状を抑えられます。腸内環境を整えて免疫力をアップするには、腸内に善玉菌を増やすといいでしょう。

効率よく善玉菌を増やすには、乳酸菌サプリメントの摂取が手軽でおすすめです。サプリメントの摂取によりアトピー性皮膚炎だけでなく、花粉症やぜん息といったアレルギー症状の改善が認められた研究論文がいくつも発表されています。

ただし、効果の出方は人によってさまざま。サプリメントは、ステロイド外用薬や飲み薬による治療の補助的な役割を持つものだと考えるといいでしょう。[注4]

アトピー性皮膚炎改善効果が示唆される成分

ここでは、アトピー性皮膚炎改善効果が示唆されている成分「乳酸菌」「セラミド」「ビオチン」の研究論文の結果をまとめています。

乳酸菌の効果

カルピス株式会社発酵応用研究所所属の鷺谷敦廣氏の論文によると、人に対して行った試験結果から、乳酸菌L-92株はアトピー性皮膚炎の抑制に有効であることが示されています。

試験は、アトピー性皮膚炎の治療で通院している4~15歳の子ども20名を対象として行われました。乳酸菌L-92株を発酵させた発酵乳飲料を摂取してもらい、摂取前後の症状を比較したところ、摂取前より症状が改善し、かゆみも抑えられていたとのこと。薬剤の使用量も減少傾向が認められています。[注7]

2015年に生物工学技術賞を受賞した研究論文によれば、乳酸菌LK-177株を使用してアトピー性皮膚炎発症抑制効果の程度を調査。マウスのアトピー性皮膚炎発症がLK-177株を摂取することで抑制できるのが明らかになりました。[注8]

セラミドの効果

旭川医科大学皮膚科学教室に所属する6名が発表した論文で、アトピー性皮膚炎に対するセラミドの有効性が示されています。[注9]

また、「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版」にも、セラミドに代表される角層細胞間脂質が皮膚バリア機能の維持に重要な役割を持つと記載。アトピー性皮膚炎による乾燥の改善に効果的であることが分かりました。[注5]

ビオチンの効果

姫路工業大学環境人間学部の渡邊教授の論文では、水溶性ビタミンの1つであるビオチン不足によってアトピー性皮膚炎が悪化する可能性があると述べられています。アトピー性皮膚炎が5年以上改善していない方に、ビオチン関連酵素であるビオチニダーゼの欠乏が見られたとのことです。[注10]